ホーム > 2019年4月記者発表資料 > ono800(オノハチマルマル)区域を「まちなか再生区域」に指定しました

ここから本文です。

ono800(オノハチマルマル)区域を「まちなか再生区域」に指定しました

2019年4月24日

担当部署名/県土整備部まちづくり局都市計画課土地利用班  直通電話/078-362-9296

 県では、空き店舗の増加等が進む商店街とその商圏となる周辺住宅地において、商店街の活性化とまちの再整備に資するため、標記事業を県土整備部と産業労働部が共同で実施しています。
 このたび、小野市の小野商店街を含む「ono800(オノハチマルマル)区域」において、同事業に取り組むことについて地元の意見がまとまり、県が、4月17日付けで、同事業の対象区域となる「まちなか再生区域」の指定をしました。
 今後、商店街の関係者等が主体となって設立される「ono800(オノハチマルマル)まちなか再生協議会(仮称)」において、にぎわいのまちづくりについて検討が重ねられ、「まちなか再生計画」が策定されます。
 県としては、市と連携しながら、アドバイザーの派遣や協議会の運営支援などにより積極的に支援していきます。

1 まちなか再生区域の概要
 (1) 名 称
 ono800(オノハチマルマル)区域
 ※小野商店街のアーケードの長さが約800mであることに由来
 (2) 指定年月日
  平成31年4月17日(水曜日)
 (3) 区域の概要
 江戸時代の小野藩陣屋町として栄えた面影を残す市内唯一の商店街「小野商店街(全長800m、店舗数35店舗、世帯数約60世帯)」とその周辺の区域。
 商店街中央にある愛宕神社では、毎年正月に「戎祭」、春には「小野藩陣屋まつり」「小野藩陣屋ひなめぐり」などが行われ、イベント開催中は多くの人でにぎわう。
 一方、商店主の高齢化や建物の老朽化から空き店舗・空き家が増加し、買物客の減少及び居住人口の減少が進んでいる。
 (4) 区域の位置等
 小野市上本町、本町、本町一丁目、東本町、西本町、上新町の各一部

2 まちなか再生協議会(設立予定)の概要
 (1) 名 称 ono800(オノハチマルマル)まちなか再生協議会
 (2) 設立年月日 平成31年4月25日(木曜日)
 (3) 組織
  ・会長:吉田 肇(小野商店街振興組合理事長、小野商店街連合会会長)
  ・会員:7ケ町連合区長会、一般社団法人播州まちづくり協議会ほか

3 これまでの経緯と今後の予定
 平成29年12月~ 地元関係者の意向調査、調整等
 平成30年1月~ 「まちなか再生を考える会」の開催(H29年度1回、H30年度8回開催。まちなか再生アドバイザーを派遣。)
 平成31年4月17日 まちなか再生区域の指定
                25日 「ono800(オノハチマルマル)まちなか再生協議会」設立総会(予定)
           5月~ まちなか再生計画の検討

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。