ホーム > 2019年12月記者発表資料 > 県内のインフルエンザ流行開始

ここから本文です。

県内のインフルエンザ流行開始

2019年12月2日

担当部署名/健康福祉部疾病対策課  直通電話/078-362-3213

 県内の令和元年第47週(11月18日~11月24日)におけるインフルエンザ定点医療機関(県内199か所)から報告された患者数( 312人 )の平均値が 1.57 となり、流行の目安となる1を超えました。( 昨年度と比べ1週間早い流行開始 )
なお、全国のインフルエンザの定点医療機関( 全国約5,000カ所 )から報告された患者数( 15,340人 )の平均値は 3.11 であり、全国は本県よりも1週間早く、第46週(11月11
日~11月17日)に流行開始となっています。

1 インフルエンザ感染防止対策に関する注意喚起について

県民のみなさまへ
インフルエンザの感染拡大防止には、次の点について注意することが必要です。
(1) 早めに予防接種を受け、手洗い、咳エチケットなどに気をつけましょう。
(2) 発熱、咳やのどの痛みなどの症状が現れたら、水分を十分に補給して休養をとりましょう。比較的急速に38℃以上の発熱があり、全身の倦怠感を伴う場合はインフルエンザに感染している可能性があります。具合が悪い場合は早めに医療機関を受診しましょう。
(3) 受診先が分からないときは、兵庫県医療機関情報システムホームページを閲覧いただくか、健康福祉事務所・保健所にお電話いただくと、近くの受診可能な医療機
関をご案内します。(ホームページアドレス:http://web.qq.pref.hyogo.lg.jp/hyogo/ )
(4) 受診の際には、マスクを着用するなど咳エチケットを守り、感染を広げないように注意してください。
(5) 基礎疾患のある方は、インフルエンザに罹患した場合の対応について、かかりつけ医師などと日頃からよく相談してください。

2 兵庫県感染症情報センターでの情報公開について
 県内のインフルエンザに関する定点医療機関あたりの患者数や学級閉鎖等の情報は、兵庫県感染症情報センターのホームページで毎週金曜日に更新し、公開しています。
ホームページアドレス:http://www.hyogo-iphes.jp/kansen/infectdis.htm

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。