ホーム > 2019年12月記者発表資料 > 21世紀文明シンポジウム「阪神・淡路大震災25年 ~創造的復興を総括し未来へ提言する」の開催

ここから本文です。

21世紀文明シンポジウム「阪神・淡路大震災25年 ~創造的復興を総括し未来へ提言する」の開催

2019年12月5日

担当部署名/企画県民部ビジョン局ビジョン課 外郭団体名等/(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構  直通電話/078-262-5713

「21世紀文明シンポジウム」を来年2月4日(火曜日)に阪神・淡路大震災の被災地で開催します。大震災から25年を迎えるのを機に、これまでの足跡を総括するとともに災害復興のあり方について議論します。ぜひご参加ください。

1 開催趣旨
阪神・淡路大震災から25年を迎える被災地において、これまでの歩みや現状を踏まえ、創造的復興はどこまで成し遂げられたのか、その経験や教訓は東日本大震災をはじめその後の災害の復旧・復興にどのように活かされたのか、南海トラフ地震など次なる災害の発生が懸念されるなか、私たち一人ひとりは震災体験を風化させることなく苦難の歴史から何を学び取りどのように備えるべきかといったことについて考えます。

2 開催日時
令和2年2月4日(火曜日) 13時~17時

3 開催場所
神戸新聞松方ホール(神戸市中央区東川崎町1-5-7 神戸情報文化ビル4階)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。