ホーム > 2019年12月記者発表資料 > 阪神・淡路大震災25 年「減災月間」事業の実施

ここから本文です。

阪神・淡路大震災25 年「減災月間」事業の実施

2019年12月16日

担当部署名/企画県民部復興支援課  直通電話/078-362-4902

1 「減災月間」事業の実施
県民、NPO、各種機関・団体等が、ひょうご安全の日の趣旨を踏まえ、1月を中心に県内各地で様々な取組みを実施します。
<主な事業>
(1)「国際防災・人道支援フォーラム2020」の開催
震災から25 年の節目を迎え、日米2つの都市災害などの経験と教訓も踏まえ、「持続可能な開発目標(SDGs)と防災」をテーマに、レジリエント(強靱)で持続可能な都市の実現に向けた現状と課題を探る。
○日時:令和2年1月22 日(水曜日)
○場所:神戸ポートピアホテル地下1階「偕楽の間」(神戸市)
(2) 国際復興フォーラム2020「レジリエント(強靭)なインフラで
Build Back Better(より良い復興)を目指す」の開催
行政、民間セクター、国際機関の洞察や経験をもとに、インフラの復旧に共通して見られる問題や新たな課題、またその解決策について議論する。
○日時:令和2年1月28 日(火曜日)
○場所:ホテルオークラ神戸1階「平安の間」(神戸市)
(3)「東日本大震災被災者招へい事業2020」の実施
東日本大震災被災地支援の一環として、被災者を神戸に招へいし、阪神・淡路大震災からの復興状況の見学等を通じ、今後の取組につなげてもらうとともに、兵庫県と東日本との絆を深め双方の災害の備えへの強化を図る。
○日時:令和2年1月16 日(木曜日)~17 日(金曜日)
○場所:阪神・淡路大震災被災地、HAT 神戸 等
2 参考資料
「減災月間」事業一覧

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。