ホーム > 2019年12月記者発表資料 > 「キッザニア甲子園」への介護に関するパビリオンの出展

ここから本文です。

「キッザニア甲子園」への介護に関するパビリオンの出展

2019年12月19日

担当部署名/健康福祉部少子高齢局高齢政策課介護基盤整備班  直通電話/078-362-9117

 少子高齢化の進展とともに介護ニーズが高まる中、介護人材の確保が喫緊の課題となっていますが、本県では、県内の子ども向けの施設を活用し、将来の介護の担い手である小学生等向けに介護業務に係る体験・学習の機会の提供等を行う事業者を支援する「介護業務体験学習推進事業」を、今年度から実施しています。
 この度、社会福祉法人日の出福祉会、社会福祉法人博愛福祉会、医療法人社団奉志会を主たる会員組織として運営している一般社団法人日の出医療福祉グループが、本事業を活用し、「キッザニア甲子園」に、介護に関するパビリオンを出展することが決定しましたので、お知らせします。

1 出展事業者
 一般社団法人日の出医療福祉グループ
   所在地 兵庫県加古川市平岡町新在家2333-2
   代表理事 大西 壯司

2 出展場所
 キッザニア甲子園
 所在地 兵庫県西宮市甲子園八番町1-100 ららぽーと甲子園

3 パビリオンについて 
 名称 ケアサポートセンター
 内容 介護福祉士の仕事(詳細は事業者において検討中)

4 オープン予定時期 
 令和2年春

(問合せ先)
健康福祉部少子高齢局高齢政策課介護基盤整備班 
TEL:078-362-9117
FAX:078-362-4270

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。