ホーム > 2019年12月記者発表資料 > フランスパラ陸上チームの東京2020パラリンピックにおける県立三木総合防災公園陸上競技場での事前合宿にかかる協定調印式

ここから本文です。

フランスパラ陸上チームの東京2020パラリンピックにおける県立三木総合防災公園陸上競技場での事前合宿にかかる協定調印式

2019年12月27日

担当部署名/健康福祉部障害福祉局ユニバーサル推進課社会参加支援班  直通電話/078-362-3237

フランスパラ陸上選手の2020年東京パラリンピックにおける事前合宿に関し、兵庫県障害福祉局長がフランスを訪問し、フランス共和国ハンディスポーツ連盟と協定書の調印式を行います。


1 日 時 令和2年1月4日(土曜日)11時30分~ 現地時間

2 場 所 ホテル「エスパス・レオナルドダヴィンチ」(フランス・パリ郊外)

3 調印者 
(1) フランス共和国ハンディスポーツ連盟会長 ギレン・ウェストリンク
陪 席  ディレクター  ピエリック・ジロドゥー 
     運動部長    ジュリアン・ヘリコート 
(2) 兵庫県障害福祉局長  羽原 好一
陪 席  ユニバーサル推進課長   大久保 徹雄
     兵庫県パリ事務所長    萱島 聖志 
(3) 三木市長    仲田 一彦(当日欠席のため事前にサイン)

4 協定書の内容
東京2020オリンピックにおけるフランス陸上チームが共生社会ホストタウン(兵庫県三木市)で事前合宿を実施することを正式に決定するとともに、今後、実施に向けての協力内容や交流事業等の基本事項を定めるもの。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。