ホーム > 2020年12月記者発表資料 > 貝毒の検査結果

ここから本文です。

貝毒の検査結果

2020年12月2日

担当部署名/農政環境部農林水産局水産課資源増殖室漁場整備班  直通電話/078-362-3480

 令和2年12月2日の貝毒検査の結果、姫路市、たつの市、相生市、赤穂市で採取したマガキから基準値を超える麻痺性貝毒が検出された。関係漁業協同組合には出荷自主規制を要請するとともに、近隣の漁業協同組合に注意を喚起する。また、検体採取日(11月30日)以降に出荷されたマガキを回収するよう指導し、現在、関係漁業協同組合で回収等に着手している。
 なお、本県の瀬戸内海全域では、近年、貝毒発生のリスクが高まっているため、県民が海岸で二枚貝を採取して喫食しないよう、周年、看板の設置等により注意喚起を行っているが、今回の貝毒検出に伴い、改めて関係市町に対して注意喚起を依頼する。