ホーム > 2021年3月記者発表資料 > i-Construction大賞を受賞しました~ICTを活用した建設工事の普及・拡大の取組みが評価されました~

ここから本文です。

i-Construction大賞を受賞しました~ICTを活用した建設工事の普及・拡大の取組みが評価されました~

2021年3月5日

担当部署名/県土整備部土木局技術企画課県土政策班  直通電話/078-362-9282

 兵庫県が平成29年度から取り組んでいるICT活用工事の普及・拡大に向けた取り組みが評価され、国土交通省のi-Construction大賞(優秀賞)を受賞しました。
(国土交通省HP https://www.mlit.go.jp/report/press/kanbo08_hh_000778.html

1 評価のポイント
(1)豊富な実績
 対象工種を含む全工事をICT活用工事として発注したことにより、確実に実施件数の拡大につながった。発注件数はH30年度83件に対し、R1年度は268件(3.2倍)。実施件数もH30年度41件に対し、R1年度128件(3.1倍)に増加した。

(2)柔軟な制度構築
 受注者希望型では、ICTを活用する施工プロセスを受注者が選択できる制度を構築。これにより、中小規模工事が多い自治体工事で、ICTの経験がない受注者が、少しずつICTを取り入れていく機会が提供できるように配慮。

(3)積極的な普及・啓発
 R1年度はICT活用工事研修会8回、3次元データ作成研修会10回、ICT活用工事体験会2回を実施するなど、ICT活用工事の普及拡大とICT建設技術者の育成に積極的に取組んだ。

(4)新規工種の先行実施
 R1年度に対象工種ではないICT舗装工(修繕)を先行的にモデル工事として実施し、従来施工と比較して人工数35人日(42.7%)の縮減効果を確認、ICT活用による生産性向上の可能性を明確化。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。