ホーム > 2021年4月記者発表資料 > 兵庫県バイオマス活用推進大会の開催

ここから本文です。

兵庫県バイオマス活用推進大会の開催

2021年4月14日

担当部署名/農政環境部農政企画局消費流通課食の安全ゼロエミッション班  直通電話/078-362-9223

 兵庫県におけるバイオマス利活用の推進のため、広く県民、事業者等に対し、最新の情報を提供する機会として、事例発表及び講演による推進大会を開催します。
 今回は、家畜ふん尿などをエネルギーとして活用する過程で発生する副産物(消化液)を肥料として栽培した山田錦(酒米)とこれを原料に日本酒を醸造する取組を紹介します。さらに、バイオマスの利活用からつながる循環型社会の形成や地域の活性化について考えていきます。

1 開催日時 
 令和3年4月26日(月曜日)14時00分~16時00分

2 開催方法 
 オンライン配信

3 主催 
 兵庫県
  共催 
 地エネと環境の地域デザイン協議会(事務局:神戸新聞社)

4 内容 
※詳細は別添チラシ参照
(1)令和2年度「ひょうごバイオマスecoモデル」取組事例発表
・事業者
 株式会社マルヤナギ小倉屋  
・取り組み概要
 嫌気性微生物群を利用した食品工場排水の小規模メタンガス発電
・事業者
 株式会社しそうの森の木  
・取り組み概要
 地域産木材のオガ粉によるペレット製造・ペレットストーブ普及事業
「ひょうごバイオマスecoモデル」とは、県内のバイオマス利活用の先導的な取組を登録し、広くPRすることで、同様の取組が拡がること等を目的としています。
(2) 講演
①演題 
「バイオガスと消化液 牧場における資源循環の形」
・講師
 井原 一高 氏 神戸大学農学研究科准教授
②演題 
「消化液を利用した『地エネの酒 for SDGsプロジェクト』」
・コーディネーター
 辻本 一好 氏(神戸新聞社経営企画部専任部長 編集委員)
・パネリスト
 田中 吉典 氏(豊倉町営農組合(加西市))
 名古屋 敦 氏(株式会社ten(加西市))
 中西 重喜 氏(NPO法人都市型農業を考える会(神戸市))
 岡田 洋一 氏(岡田本家(加古川市))

5 募集人数 
 100名 (先着順、参加費無料)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。