ホーム > 2021年4月記者発表資料 > 令和2年度「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト」の新たな選定

ここから本文です。

令和2年度「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト」の新たな選定

2021年4月23日

担当部署名/農政環境部環境創造局自然環境課自然環境保全班  直通電話/078-362-3274

 県内の生物多様性の保全・再生活動の中からモデルとなる活動を選定する、「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト」を公募し、新たに1団体の活動を選定しましたので、お知らせします。これによりプロジェクト数は、既選定分と合わせ、計91となりました。

1 新たに選定したプロジェクト(詳細は、別紙一覧表参照)
○区分
 希少種の保全
○団体名(所在地)
 高雄地域水辺づくり協議会(赤穂市)
○プロジェクト名 
 高雄地域における「ハマウツボの保全」

2 選定方法
 令和3年3月、選定委員会(委員長:中瀬勲 兵庫県立人と自然の博物館館長)を開催し、①生物多様性への貢献、②地域との連携、③活動の継続・発展性等を総合的に評価の上、選定しました。

3 選定したプロジェクトへの支援内容
 選定したプロジェクトには、次のとおり支援を行います。
(1) プロジェクトへの県民、企業等の参画を促進するため、ホームページ等を通じて活動内容を広く発信します。
(2) 団体相互の情報共有や連携の向上を図るため、活動発表会の開催等、交流の機会を設けます。
(3) プロジェクトの更なる充実を図るため、企業等とのマッチングを支援するとともに、企業等からの寄付金を(公財)ひょうご環境創造協会に設置する「生物多様性ひょうご基金」に受け入れ、プロジェクトの活動に助成します。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。