ホーム > 2021年4月記者発表資料 > 令和3年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰

ここから本文です。

令和3年度「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰

2021年4月23日

担当部署名/農政環境部環境創造局自然環境課自然環境保全班  直通電話/078-362-3274

1 表彰の名称
「みどりの日」自然環境功労者環境大臣表彰

2 表彰の趣旨
 自然環境の保全に関して、顕著な功績があった者を表彰し、これを讃えるとともに、自然環境の保全について国民の意識を深める。

3 表彰の経緯 
 平成11年度から、都道府県及び関係団体の長から推薦のあった自然環境に関する先駆的・先導的活動等を行った個人・団体について、毎年「みどりの月間」中に表彰している。

4 令和3年度受賞者の概要
(1) 保全活動部門 
 10件
(2) いきもの環境づくり・みどり部門  
 6件
(3) 自然ふれあい部門   
 5件
(4) 調査・学術研究部門 
 3件
 計24件(個人10件・団体14件)
 
5 本県からの受賞者
○自然と文化の森協会(自然ふれあい部門)
・所在地:尼崎市
(功績概要)
 猪名川自然林(県レッドデータブック記載)の保全活動(林床の整備、苗木の育成と植樹等)を実施するとともに、外来種の駆除活動、猪名川自然林の観察会、ホタルやセミの羽化の夜間観察会、ホタルの幼虫調査等をふまえた生息種の記録を行っている。保育園や小学校、各種団体に向けた自然体験活動・環境学習の企画・運営・受け入れ等の地域に根ざした取り組みをこれまでに400回以上開催している。

6 表彰式
 例年「みどりの月間」中に開催されるが、昨年に引き続き新型コロナウイルスの感染拡大防止を考慮し、本年度は中止。

7 参考
【本県における過去3年間の受賞状況】
平成29年度 宝塚市自然保護協会(保全活動部門)
平成30年度 西宮市きのこクラブOB会(保全活動部門)
      市川 憲平(保全活動部門)
令和2年度 出石ミズアオイの会(保全活動部門)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。