ホーム > 2021年7月記者発表資料 > 令和3年度高校生向け自転車交通安全教室の実施について~スタントマンによる交通事故の実演(スケアード・ストレイト手法による交通安全教室)~

ここから本文です。

令和3年度高校生向け自転車交通安全教室の実施について~スタントマンによる交通事故の実演(スケアード・ストレイト手法による交通安全教室)~

2021年7月5日

担当部署名/企画県民部県民生活局地域安全課交通安全室交通安全対策班  直通電話/078-362-3879(内2839)

 自転車の交通事故防止を図るため、県下の自転車通学を認めている高等学校において自転車交通安全教室を下記のとおり実施します。
※「スケアード・ストレイト」とは恐怖を体感させることで、交通ルールを遵守することの大切さを教育する手法で、具体的には、スタントマンがトラックや乗用車、自転車に跳ねられる「疑似交通事故」を起こし、受講者に事故の状況や原因を具体的に伝えます。

1 実施日・実施校
別添参照

2 実施内容
(1)講義
 交通安全室員及び管轄警察署員による、交通事故情勢・県自転車条例に関する講義
(2)実演
 株式会社ワーサル

3 その他
 感染症の発生状況等により、実施日及び実施内容等を変更・中止することがあります。
 取材をご希望の場合は、事前に 兵庫県企画県民部県民生活局交通安全室 078-362-3879 【担当:立田】まで御連絡ください。