ホーム > 2021年7月記者発表資料 > 「阪神・淡路大震災復興基金 感謝のつどい」の開催

ここから本文です。

「阪神・淡路大震災復興基金 感謝のつどい」の開催

2021年7月20日

担当部署名/企画県民部防災企画局防災支援課企画県民部防災企画局防災支援課防災支援班 外郭団体名等/公益財団法人阪神・淡路大震災復興基金  直通電話/078-362-4354(内5853)

 阪神・淡路大震災復興基金は震災発生の平成7年4月に発足し、創造的復興をめざして、被災者のニーズを踏まえた多くの事業をきめ細かに展開するとともに、従来の制度では対処できなかった部分にも踏み込み、先導的な事業により被災地の早期復興を推し進めてきました。
 震災から26年が経過し、残された課題となっていた「高齢者の自立支援」、「まちのにぎわいづくり」も含めて全ての事業が令和2年度末までに完了し、所期の目的を達成したことから、令和3年7月末で解散することとなりました。
 この度、発足から事業の企画やその実施など、多面にわたり様々なご支援をいただいた皆様に対して感謝の意を表わすとともに、これまでの歩みを振り返る「感謝のつどい」を下記のとおり開催いたします。

1 日時 
令和3年7月26日(月曜日)14時00分~15時45分

2 場所 
兵庫県公館 大会議室

3 次第
・開会挨拶 復興基金理事長(知事)・同副理事長(神戸市長)
・記念講演「復興基金の成果と今後への提言」
 〔講師:室﨑益輝 県立大学大学院教授、復興基金評議員〕
・座 談 会「創造的復興を振り返って」
登壇者
室﨑益輝 県立大学大学院教授、復興基金評議員
野崎隆一 NPO法人神戸まちづくり研究所理事長、復興基金評議員
中村順子 NPO法人コミュニティ・サポートセンター神戸理事長

4 参加者 
関係者80名程度(新型コロナの感染状況によっては変更の可能性あり)
[被災市市長、基金設立時協力金融機関、基金活用団体、震災復興有識者、基金歴代役員 等]
※ つどいの模様はウェブサイトで配信する予定です。
URL:https://www.youtube.com/watch?v=2Q9Wte49CVU
また、後日、録画をひょうごチャンネルで配信予定です。

5 参考 
復興基金の概要、事業一覧(別紙)