ホーム > 2021年7月記者発表資料 > 第22回アジア太平洋フォーラム・淡路会議「国際シンポジウム」の開催取り止め

ここから本文です。

第22回アジア太平洋フォーラム・淡路会議「国際シンポジウム」の開催取り止め

2021年7月20日

担当部署名/企画県民部ビジョン局ビジョン課 外郭団体名等/(公財)ひょうご震災記念21世紀研究機構  直通電話/078-262-5713

 令和3年8月6日(金曜日)から7日(土曜日)に淡路夢舞台国際会議場で開催予定の第22回アジア太平洋フォーラム・淡路会議「国際シンポジウム」については、
(1)東京都に緊急事態宣言が発令されるなど、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の恐れがあるなか、県内外の広域にわたる人の移動は、可能な限り抑制することが望ましいこと 
(2)会議における多人数による討論や人的交流などは、オンラインでは十分な対応が難しいと考えられることから、やむを得ず開催を取り止めることとします。
 なお、これに伴い、国際シンポジウム席上で予定していた第20回アジア太平洋研究賞(井植記念賞)の授賞式も行わず、受賞者には個別に賞状および副賞を伝達します。

〈国際シンポジウムの概要〉(取りやめ)
1 日 時
 令和3年8月6日(金曜日)13時00分~17時35分

2 会 場
 兵庫県立淡路夢舞台国際会議場メインホール(兵庫県淡路市夢舞台1番地)

3 主な内容
・第20回アジア太平洋研究賞(井植記念賞)授賞式
・記念講演1
「コロナ危機と米中対立:日本の選択肢は何か」
講 師
 船橋 洋一(一般財団法人アジア・パシフィック・イニシアティブ理事長、元朝日新聞社主筆)
・記念講演2
「パンデミックと日本の現場・国際社会」
講 師
 砂川 富正(国立感染症研究所実地疫学研究センター長)
・記念講演3
「パンデミックとアジア経済の行方」
講 師
 澤田 康幸(アジア開発銀行チーフエコノミスト、東京大学大学院経済学研究科教授)
※8月7日(土曜日)には、淡路会議の会員を対象としたフォーラムを実施。