ホーム > 2021年7月記者発表資料 > 令和2年度 県こども家庭センターの児童虐待相談の状況

ここから本文です。

令和2年度 県こども家庭センターの児童虐待相談の状況

2021年7月26日

担当部署名/健康福祉部少子高齢局児童課児童福祉班  直通電話/078-362-3179(内2971)

 令和2年度に県こども家庭センターが受け付けた児童虐待相談の状況を次のとおり取りまとめましたので、発表します。

1 虐待相談の件数
相談件数は、5,446件で、令和元年度(5,380件)より66件(1.2%)増加し、統計を取り始めた平成2年度以降で最多となった。

2 虐待相談種別の特徴
(1)心理的虐待の増加
心理的虐待の相談は3,453件で、令和元年度(3,255件)より198件(6.1%)増加し、63.4%を占めている。
(2)身体的虐待・ネグレクト等は微減
身体的虐待の相談は1,183(21.7%)件で、令和元年度(1,197件)より14件(1.2%)減少した。また、ネグレクトの相談は762(14.0%)件で、令和元年度(867件)より105件)(12.1%)減少した。

【参考:県内市町の児童虐待相談の状況】
県内41市町の児童相談窓口での児童虐待相談は10,323件で、令和元年度(9,900件)より423件、4.27%増加している。