ホーム > 2021年7月記者発表資料 > フェニックス3期神戸沖埋立処分場(仮称)設置事業に係る環境影響評価準備書に関する知事意見の回答

ここから本文です。

フェニックス3期神戸沖埋立処分場(仮称)設置事業に係る環境影響評価準備書に関する知事意見の回答

2021年7月29日

担当部署名/農政環境部環境管理局水大気課環境影響評価室審査情報班  直通電話/078-362-9086(内3331)

 標記事業の環境影響評価準備書(※)(以下「準備書」という。)について、環境影響評価法に基づく知事意見を別紙のとおり事業者へ回答しましたので、お知らせします。

(※)環境影響評価準備書:環境影響に関する調査・予測・評価の結果及び環境保全対策の検討結果を取りまとめたもの。

1 事業の概要
・事業者
 大阪湾広域臨海環境整備センター
・理事長 
 荒木 一聡
・事業の種類 
 廃棄物最終処分場の規模の変更事業
・事業実施想定区域 
 神戸市東灘区向洋町地先(六甲アイランド南地区第2工区内)
・事業の規模 
 埋立区域面積 69ha

2 これまでの環境影響評価に係る手続
(1)配慮書
・配慮書の送付  
 平成29年 2月28日
・環境影響評価審査会へ諮問  
 平成29年 3月 9日
・環境影響評価審査会から答申  
 平成29年 4月21日
・知事意見発出(事業者宛て)  
 平成29年 4月28日

(2)方法書
・方法書の送付  
 平成29年 9月 5日
・環境影響評価審査会へ諮問  
 平成29年 9月22日
・環境影響評価審査会から答申  
 平成30年 1月18日
・知事意見発出(事業者宛て)  
 平成30年 1月22日

(3)準備書<今回の手続>
・準備書の提出  令和3年 1月26日
・環境影響評価審査会へ諮問  令和3年 3月10日
・環境影響評価審査会から答申  令和3年 7月 27日
・審査意見書送付(事業者宛て) 令和3年 7月 28日

3 今後の予定
 事業者は、準備書手続で提出された住民意見、知事意見等をふまえて環境影響評価書を作成し、公表します。