ホーム > 2021年7月記者発表資料 > 「兵庫2030 年の展望リーディングプロジェクト」の推進状況(2020 年度)

ここから本文です。

「兵庫2030 年の展望リーディングプロジェクト」の推進状況(2020 年度)

2021年7月30日

担当部署名/企画県民部ビジョン局ビジョン課ビジョン班  直通電話/078-362-3072(内2227)

1 趣 旨
 「兵庫2030年の展望」で描いた将来像の実現に向け、未来を拓く先駆的な取組を「リーディングプロジェクト」として設定し推進している。このたび、当プロジェクトの2020年度の推進状況を取りまとめた。

2 報告対象 
2020年4月~2021年6月(プロジェクト推進期間:2020~2030年度)

3 主な取組
1. 兵庫の強みの発揮
○ 国のスタートアップ・エコシステムグローバル拠点都市に認定(1.起業P)
○ 県内企業と、大学、研究機関等で構成する成長産業育成コンソーシアムを設置(2.先端産業P)
○ 豪州で製造した液化水素を海上輸送し、神戸港で貯蔵する技術実証等を実施(6.水素P)
2. 新時代の基盤構築の加速
○ 高速通信ネットワーク基盤「兵庫情報ハイウェイ」を増強。東京とを結ぶ「兵庫情報スーハ゜ーハイウェイ」を新たに構築(2.先端産業P)
○ 兵庫型STEAM教育のモデル校を指定しカリキュラムの検討を実施(5.人材育成P)
○ 「大阪湾ベイエリア構想分科会」が人や知の集積を図る大交流圏形成に向けた政策提言を発表(14.体験ツーリズムP)
3. 先端技術の実装
○ ドローンによる農薬散布や漁業航路策定、センサーによる測量や病害虫診断など、スマート技術の導入実験等を実施I(7.御食国P、8.森・海P)
○ 健康ビッグデータの県市町における政策的活用を推進するため、特定健診データの更なる利活用を検討(11.健康寿命P)
○ AI搭載の防犯画像解析装置の運用を開始し、AIによる交通事故分析システムの研究開発を推進(13.まちなか安心P)
○ 播磨科学公園都市での自動運転カート、超小型EVを活用したMaaS実証実験を実施(16.移動・買い物P)