ホーム > 2021年11月記者発表資料 > LINEを活用した消費生活相談の実証実験

ここから本文です。

LINEを活用した消費生活相談の実証実験

2021年11月1日

担当部署名/企画県民部県民生活局消費生活課消費政策班  直通電話/078-362-3378(内2784)

 架空請求や悪質商法などの消費者トラブルに関する相談手段の多様化を推進し、相談しやすい環境の整備を図るため、消費者庁と連携し、試験的に無料通信アプリ「LINE」で消費生活相談を受付します。

1 背景・目的
(背景)
 ・SNSの利用増加に伴い、若年層を中心に電話を利用しない傾向
 ・成年年齢の引下げ(R4.4)により、18歳~19歳の消費者トラブル増加が懸念
(目的)
 上記の背景を踏まえ、若年層の消費者トラブル防止・救済に向けた取組の推進が急務となっているため、消費者トラブルに関する相談手段の多様化を推進し、相談しやすい環境の整備を図るため、実証実験を実施します。

2 実施方法
(1) 相談受付期間
 令和3年11月2日(火曜日)~令和4年1月29日(土曜日)
  ※月曜日、日曜日、祝日、年末年始(令和3年12月29日(水曜日)~令和4年1月3日(月曜日))を除く
(2) 相談受付時間
 16時~20時(火曜日、水曜日、木曜日、金曜日、土曜日)
(3) 相談方法
 相談受付用LINE公式アカウントを友だち登録してください。 
  ⇒ https://lin.ee/Gkg7FTc 

3 県において取り組む広報
(1) 啓発用チラシ及び名刺型カードの配布
  県内の高校(※各生徒に1枚づつ配布)、大学をはじめ、関係機関に約28万枚配布
(2) 県民だよりひょうご12月号への掲載
(3) 県HPへの掲載、重点PRバナー、Facebook及びTwitterによる周知
(4) デジタル広告の実施
  民間事業者と連携し、啓発用動画の作成及び配信(TikTok、Instagram等)

4 参考(昨年度の取組)
  昨年度制作した動画「誰もがひっかかる!?消費者トラブルの実態」では、主に若者に多く見られる消費者トラブルの事例や対処方法を漫画動画等で分かりやすく説明しています。 
  ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=HqUktz3dW9Q  

5 県ホームページURL
  https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf13/line_seikatsusoudan.html

6 問い合わせ先
  企画県民部県民生活局消費生活課消費政策班 Tel:078-362-3378