ホーム > 2021年11月記者発表資料 > 「ドローン先行的利活用事業(官民連携分野)」・・・ドローン遠隔操作による新たな旅行形式の実証実験実施と取材案内(神戸から約70km離れた砥峰高原(兵庫県神河町)のドローンを遠隔操作!)

ここから本文です。

「ドローン先行的利活用事業(官民連携分野)」・・・ドローン遠隔操作による新たな旅行形式の実証実験実施と取材案内(神戸から約70km離れた砥峰高原(兵庫県神河町)のドローンを遠隔操作!)

2021年11月9日

担当部署名/産業労働部産業振興局新産業課情報・産学連携振興班 外郭団体名等/(公財)新産業創造研究機構 研究開発部門  直通電話/078-306-6800(内2247)

 兵庫県と(公財)新産業創造研究機構(以下、NIRO)では、ドローンの利活用分野の拡大を図るため、今年度は公益性の高い分野を中心に、7テーマの事業を採択し、兵庫県内の次世代産業の創出と、県民の更なる安全安心な暮らしの実現を目指し、取り組んでいます。
 この度、その事業の1つである、旅行会社(阪急交通社)とドローン用ソフトウェア開発会社(レッドドットドローン ジャパン:以下、RDD)が共同で実施するドローンの遠隔操作技術を利用した新しいオンラインツアーである「ドローン遠隔操作技術を活用した新たな観光促進事業」の実証試験を11月15日(月曜日)に実施します。この実証実験を報道の方々に公開及び体験をして頂きますので、取材頂きたく存じます。

【日時】
 令和3年11月15日(月曜日)16時~17時
 ※同日14時半からの「阪急たびコト塾」ご見学いただくことも可能
 ※取材及び撮影は16時からのみ可能
 ※雨天・強風等荒天の場合は中止

【場所】(取材会場)
 神戸国際会館701会議室
 神戸市中央区御幸通8-1-6(JR三ノ宮駅、各線三宮駅から徒歩5分)

【申込】
 11月12日(金曜日)17時までに別紙取材申込書をメールもしくはFAXにて申込書に記載の連絡先まで送付下さい

 ※詳細は別添をご参照下さい