ホーム > 2021年11月記者発表資料 > 森林林業フォーラム「大径材を伐って使って、植える」のオンデマンド配信

ここから本文です。

森林林業フォーラム「大径材を伐って使って、植える」のオンデマンド配信

2021年11月11日

担当部署名/農政環境部地方機関県立農林水産技術総合センター森林林業技術センター  直通電話/0790-62-2118

1 趣 旨
 当センターでは、「ひょうご農林水産ビジョン2030」のめざす姿の実現に向け、県産木材の利用を促す技術開発や低コストで効率的な主伐再造林モデルの構築、減災効果の高い森林整備手法の開発に取り組んでいます。
 今回の森林林業フォーラムは、戦後植林されたスギ・ヒノキ人工林の成熟化に伴い木材の大径化が進む中、大径材の利用や伐採後の森林づくりに向けた取り組みを紹介し、木材利用の必要性や課題を共有するとともに、今後の大径材利用や森林づくりについて共に考えることを目的として実施します。
 なお、開催方法については、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図るとともに、より多くの方々に視聴いただけるよう、YouTubeによるオンデマンド配信とします。

2 内 容
(1)視聴可能期間
 令和4年1月11日(火曜日)13時~1月31日(月曜日) 17時(YouTubeオンデマンド配信)
(2)内 容
(ア)大径材利用の必要性と課題
 ・森林・木材の“大径材化問題”
 ・大径材利用上の問題 スギ辺材・移行材・心材の材質変異から考える
(イ)大径材を伐って使う
 ・スギ大径材を活かす製材木取り
 ・大径材を乾かす スギ心去り平角材の乾燥
 ・スギ大径材を用いた準不燃木質材料の開発
(ウ)植えて山に戻す
 ・針葉樹を植える スギコンテナ苗の成長と獣害の防除
 ・早生樹を探る コウヨウザンの3年間の成長
 ・針葉樹人工林を伐採して広葉樹林にする方法を考える
(エ)パネルディスカッション
 ・大径材利用の現状と今後の展望
 ・大径材伐採後、これからの森林づくり
(3)申込方法(別添チラシ参照)
 ・当センターHPトップページの案内から、または2.QRコード(二次元バーコード)から申込み受付フォームにアクセスし、必要事項を入力して送信

3 問い合わせ先
兵庫県立農林水産技術総合センター森林林業技術センター
〒671-2515宍粟市山崎町五十波430 電話:(0790)62-2118 ファックス:(0790)62-9390