ホーム > 2021年11月記者発表資料 > ひょうごスウィーツ甲子園のグランプリ決定

ここから本文です。

ひょうごスウィーツ甲子園のグランプリ決定

2021年11月17日

担当部署名/健康福祉部障害福祉局ユニバーサル推進課障害者就労支援班  直通電話/078-362-3261(内3041)

 11月15日(月曜日)、兵庫県福祉センターにて障害者が作るお菓子のコンテスト「ひょうごスウィーツ甲子園」を開催しました。
 今回も、新型コロナウイルスの影響を受け、オンラインを活用した開催としました。
 各事業所によるプレゼンテーションを踏まえ、各方面の専門家から味や原材料、パッケージデザイン等、様々な観点から評価とアドバイスをいただきました。
 グランプリに輝いたのは、兵庫県社会福祉事業団の障害者支援施設丹南精明園が作った「TAMBA MAGOKORO JAM(イチゴ、ミルク、イチジク)」です。他のエントリー商品も含めて、ぜひご賞味ください。

1 概 要
(1)開催日時
 令和3年11月15日(月曜日) 13時00分~15時30分
(2)場 所 
 兵庫県福祉センター
(3)エントリー商品 
 別紙のとおり(7事業所8商品)
(4)審査・賞
 専門家の審査による得点により、「グランプリ」を決定しました。
 審査委員長
  ヌーベルパティスリーデュジャポン 代表 木山 寛
 グランプリ
  TAMBA MAGOKORO JAM(イチゴ、ミルク、イチジク)
 法 人 名
  兵庫県社会福祉事業団
 事業所名
  丹南精明園
 所 在 地
  丹波篠山市西古佐700
 patisserie AKITO オーナーシェフの田中哲人氏の指導のもと、同法人の就労継続支援B型事業所「丹波まごころファーム」で栽培したイチゴを使用した「イチゴジャム」、地元の牛乳を使用した「ミルクジャム」、兵庫県産いちじくを使用した「いちじくジャム」を製造しました。
 新鮮食材を贅沢に使った上質なジャムに仕上がりました。

※ 県では、「兵庫県工賃向上計画」で定めた障害者平均工賃目標の達成を目指し、率先して障害者就労施設等から物品等の調達を行っています。
  ユニバーサル推進課ホームページで事業所毎に対応可能な業務一覧を掲載していますので、ぜひ活用をご検討ください。