ホーム > 2021年11月記者発表資料 > ドローン・デリバリーサービス実証実験

ここから本文です。

ドローン・デリバリーサービス実証実験

2021年11月19日

担当部署名/企画県民部地域創生局地域振興グループ地域交流担当  直通電話/078-362-4032(内4743)

 兵庫県は、人口減少が進む多自然地域におけるドローンの利活用に関して、公民連携プラットフォームを通じて、大阪市立大学 都市防災教育研究センター(CERD)、ドローン関連企業、地元市町と調査研究を進めています。その一つとして、猪名川町では、北部地域での物流環境の維持を目的とした輸送の実証実験を重ねています。
 今年10月の災害時を想定した医薬品輸送実験の結果を踏まえ、今回、距離を延伸(約12km→約15km)するとともに、日常の暮らしに関わる利用として、フードや市販薬などの生活用品を住民の手元に届けるサービスを想定した実証実験を実施します。

1 日 時 
 令和3年12月1日(水曜日)13時30分-14時30分 
※天候によっては時間変更又は中止する可能性があります

2 飛行ルート 
 町南部に位置する役場から北部の柏原集落へ以下2地点間(約15km)で実施。猪名川河川上空での往復の飛行。
①猪名川町役場 駐車場(猪名川町上野字北畑11-1)
②柏原公民館 駐車場(猪名川町柏原福井19)

3 主 催 
 日本コンピューターネット株式会社
 大阪市立大学(都市防災教育研究センター(CERD))
 兵庫県(企画県民部地域創生局)

4 協 力 
 猪名川町 
 ドローン・テクノサポート株式会社
 エアロセンス株式会社

5 その他 
 本実証実験は、一般財団法人環境優良車普及機構の補助事業「過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業」の採択を受けています。