ホーム > 2022年1月記者発表資料 > 「ため池保全県民運動の集い2021」の開催

ここから本文です。

「ため池保全県民運動の集い2021」の開催

2022年1月14日

担当部署名/農政環境部農林水産局農地整備課農村環境室農村整備班  直通電話/078-362-3432(内4023)

 兵庫県では「ため池の保全等に関する条例」に基づき、ため池等の適正な管理と多面的機能の発揮の促進に向けた取組を県民一人ひとりがそれぞれの立場で実践していくことを「ため池保全県民運動」として展開しています。
 このたび、ため池の治水活用による洪水被害の軽減やハザードマップ作成を契機とした地域ぐるみによる防災体制の整備など先進事例を紹介し、県民一人ひとりが自分事として捉え、考え、行動し地域防災力の向上を図ることを目的に開催します。


1 日 時 
 令和4年2月10日(木曜日)13時30分~15時30分(受付開始12時30分)

2 主 催 
 兵庫県ため池保全協議会、兵庫県、兵庫県土地改良事業団体連合会

3 開催方法 
 「会場参加」または「オンライン参加」

4 参加料 
 無料

5 定 員 
 会場参加150名(定員になり次第締切りとさせていただきます。)

6 内 容 
 13時30分 開会
 13時50分 兵庫県のため池防災減災対策の取組
 14時00分 講演 「住民と行政との協働によるため池防災減災」
     香川大学創造工学部教授  野々村 敦子 氏
事例紹介 「ため池を活用した効果的な減災対策」
  ・高砂市での事例
高砂市上下水道部治水対策課 今津 賢朗 氏
  高砂市長尾水利組合副会長 長谷川清隆 氏
  ・南あわじ市での事例
南あわじ市 花岡池田主総代  吉川 満広 氏
  兵庫県洲本土地改良事務所  奥谷 和慶 氏

7 参加申込・問い合わせ先
 下記のいずれかの方法で2月4日(金曜日)までにお申し込みください。
(1) FAX
 所定の申込用紙に必要事項をご記入の上、下記FAX番号にお送りください。
FAX 078-341-0507
(2) Eメール
 所定の申込用紙の記入事項をメールに入力いただき、件名を「ため池県民運動の集い申込」とし、下記アドレスへお送りください。
Eメールアドレス midorinet.hyogo@hdrnet.or.jp
(3) QRコード
 別添チラシのQRコードを読み取り、申し込みフォームに必要事項を入力してください。
(4) 申込みの受付
 メール・FAXを受信しだい、受信メール・FAXを返信します。お申し込み後数日経っても返信がないときは下記番号までお問い合わせください。
(5) 問い合わせ先
 兵庫県土地改良事業団体連合会
 TEL 078-341-0500(月~金 9時00分~17時00分)

8 その他
 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、検温、マスクの着用、手指の消毒等の対策をお願いします。