ホーム > 2022年1月記者発表資料 > 県営住宅初のPFI導入に向けたサウンディング調査の実施

ここから本文です。

県営住宅初のPFI導入に向けたサウンディング調査の実施

2022年1月21日

担当部署名/県土整備部住宅建築局公営住宅課  直通電話/078-230-8452(内4893)

 県営住宅建替事業において、初めてPFI方式を導入し、民間事業者の投資や創意工夫を取り入れながら、効率的な事業実施をめざします。
 最初の事例として、県営青木(おおぎ)団地(神戸市東灘区)を対象に公募条件を検討するため、サウンディング調査を実施します。


1 対象となる県営住宅
 青木(おおぎ)団地(神戸市東灘区北青木(きたおうぎ)1丁目72-1)
 

2 民間事業者に委託する事業内容
 1. 既存団地の解体撤去、設計・建設工事・工事管理
 2. 入居者移転事業
 3. 発生する余剰地の活用事業


3 主なヒアリング事項
 1. 建設コスト縮減や工期短縮、入居者移転の円滑化に向けたアイデア
 2. 民間投資の内容、規模、収益性
 3. 公募条件に関する意見 等
 

4 対象者
 事業実施を目指す法人又は法人のグループ


5 主なスケジュール
 令和4年1月24日~令和4年2月18日 参入検討事業者の受付
 令和4年2月 現地説明会の実施
 令和4年2月 個別ヒアリングの実施
 令和4年3月 実施結果の公表

 
6 今後の予定
 サウンディング調査結果を踏まえ、令和4年度に事業者を公募します。また、他の県営住宅についても、積極的にPFI方式導入を検討します。