ホーム > 2022年3月記者発表資料 > 「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト」の新たな選定及び認定証授与

ここから本文です。

「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト」の新たな選定及び認定証授与

2022年3月4日

担当部署名/農政環境部環境創造局自然環境課自然環境保全班  直通電話/078-362-3389(内3326)

 令和3年度「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト」の新たな選定及び認定証授与について

 県内の生物多様性の保全・再生活動の中からモデルとなる活動を選定する、「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト」を公募し、新たに8団体の活動を選定しましたので、お知らせします。
 これによりプロジェクト数は、既選定分と合わせ、計99となりました。

1 新たに選定したプロジェクト(詳細は、別紙一覧表参照)
 ・日本海沿岸における生物、植物の保全
 ・篠山城堀跡の生態系の保全再生
 ・都志米山地域からの侵略的外来生物「ナガエツルノゲイトウ」の駆除
 ・神戸山間部における日本蜜蜂の保全と植物への受粉効果
 ・川西市清和台の虫生川(むしゅうがわ)周辺の残存緑地(まち山)のシロバナウンゼンツツジ他希少植物の保全
 ・「大和の森」を周辺住民の憩いの場として機能を充実させる活動
 ・「日本一の里山」川西・黒川地区における台場クヌギ群落の保全
 ・黒川地区における自生の桜・エドヒガン群落の保全・整備と茶道に欠かせないクヌギの植樹

2 選定方法
 令和4年2月2日に選定委員会(委員長:中瀬勲 兵庫県立人と自然の博物館館長)を開催し、1.生物多様性への貢献、2.地域との連携、3.活動の継続・発展性等を総合的に評価の上、選定しました。

3 選定団体への認定証授与
 令和4年3月6日(日曜日)14時00分から開催する「令和3年度 生物多様性保全プロジェクト団体等活動発表会」において令和元年~3年度に選定された団体に認定証の授与を行います。

4 選定したプロジェクトへの支援内容
 選定したプロジェクトには、次のとおり支援を行います。
 (1) プロジェクトへの県民、企業等の参画を促進するため、ホームページ等を通じて活動内容を広く発信します。
 (2) 団体相互の情報共有や連携の向上を図るため、活動発表会の開催等、交流の機会を設けます。
 (3) プロジェクトの更なる充実を図るため、企業等とのマッチングを支援するとともに、企業等からの寄付金を(公財)ひょうご環境創造協会に設置する「生物多様性ひょうご基金」に受け入れ、プロジェクトの活動に助成します。