ホーム > 2022年5月記者発表資料 > 令和4年度「兵庫県高齢者大学における交通安全教室」の実施~サポカーの乗車体験、クルマの死角体験、交通安全講話~

ここから本文です。

令和4年度「兵庫県高齢者大学における交通安全教室」の実施~サポカーの乗車体験、クルマの死角体験、交通安全講話~

2022年5月20日

担当部署名/県民生活部生活安全課交通安全対策班  直通電話/078-362-3879(内線2839)

道路交通法の一部改正(本年5月13日施行)に伴い、75歳以上で過去に一定の違反歴がある方は、免許更新時に運転技能検査(実技試験)が義務づけられ、合格しなければ、免許更新できないこととなりました。
また、申請により運転できる自動車等の種類を安全運転サポート車(サポカー)に限定する免許が創設されましたが、その安全性のみが強調され、その機能を正しく理解することのないまま、誤解・過信による事故の発生が考えられます。
そのため、地域づくり活動の人材育成の場でもある兵庫県高齢者大学において、地元自動車販売店舗、JAF(日本自動車連盟)兵庫支部などの協力を得て、サポカーの乗車体験、クルマの死角体験等を含む交通安全教室を開催します。

1 実施日・実施校
  別添参照
2 実施内容
(1) サポカー乗車体験
 自動車販売店舗の協力によるサポカー紹介・乗車体験
(2) 乗車姿勢・死角体験
   JAF(日本自動車連盟)兵庫支部の協力による実車を使用した正しい乗車姿勢や運転席からの死角体験を通じた交通事故防止アドバイス
(3) 交通安全講話
 管轄警察署による、地域の交通事故情勢などを踏まえた交通安全講話
3 その他
   雨天時は、サポカー乗車体験及び乗車姿勢・死角体験は中止となります。
  感染症の発生状況等により、実施日及び実施内容等を変更・中止することがあります。
  取材をご希望の場合は、事前に
 兵庫県県民生活部生活安全課交通安全対策班 078-362-3879 【担当:山本(貴)・立田】
 まで御連絡ください。