ホーム > 2022年11月記者発表資料 > 未来につなぐ共生社会づくりフォーラム令和4年度「人権のつどい」参加者募集

ここから本文です。

未来につなぐ共生社会づくりフォーラム令和4年度「人権のつどい」参加者募集

2022年11月1日

担当部署名/県民生活部県民生活部 総務課人権推進班 外郭団体名等/(公財)兵庫県人権啓発協会  直通電話/078-362-9135(内3100)

1.行事概要
(1)趣旨
 日本では、昭和23年(1948年)の国際連合第3回総会で「世界人権宣言」が採択された12月10日(人権デー)を最終日とする一週間を「人権週間」と定めています。
 そこで、この「人権週間」の意義を顧み、県民一人ひとりが互いに尊重され、共に生きる「共生社会」の実現に向けた人権意識の普及高揚を図るとともに、本県が市町と共に展開している「人権文化をすすめる県民運動」を推進する事業として「人権のつどい」を開催します。

(2) 日時
 令和4年12月2日(金曜日)13時30分~16時20分(13時開場)

(3) 会場
 兵庫県公館大会議室(神戸市中央区下山手通4-4-1)

(4) 主催
 兵庫県、兵庫県教育委員会、公益財団法人兵庫県人権啓発協会、ひょうご人権ネットワーク会議

(5) 後援(予定)
 神戸地方法務局、兵庫県人権擁護委員連合会、兵庫県人権教育研究協議会、兵庫県社会福祉協議会、兵庫県人権啓発活動ネットワーク協議会、兵庫人権啓発企業連絡会、兵庫県隣保館連絡協議会、神戸新聞社、ラジオ関西、サンテレビジョン、NHK神戸放送局、公益財団法人人権教育啓発推進センター

(6) 予定参加人数
 約500名(入場無料、要申込み)

(7) 内容(※手話通訳・要約筆記対応、ヒアリングループ席があります。)
 13時30分~14時00分:開会行事及び表彰式
  ・主催者あいさつ
  ・人権問題文芸作品「のじぎく文芸賞」表彰式
 県民一人ひとりが主体的に人権について考え、作品づくりをとおして豊かな人権感覚を身につけていただくために設けた文芸作品賞

 14時00分~15時00分:人権講演会「映画「破戒」と映画監督が出会った「人権」」
 講師:前田 和男(映画「破戒」監督)

 15時10分~16時20分:ユースディスカッション
 「すべての人の人権が尊重され、誰も取り残すことのない温かい社会づくり」
 ・コーディネーター:五百住 満
 ・パネリスト:
  ANASTASYA WULANDARI HASYIM(神戸大学)
  藤林 理子(兵庫県立大学)他発表者4名
  柳下 草太(関西学院大学大学院)
  和田 朱音(武庫川女子大学)
 
 13時00分~16時20分:ロビー 人権啓発パネル展

2.参加者の募集
 (1) 資格
  兵庫県内に在住、在勤、在学の方

 (2) 参加費
  無料(自由席)

 (3) 締切
  令和4年11月18日(金曜日)必着

 (4) 参加申込み等
 ・ハガキ、FAX、Eメールのいずれかで、1.名前、2.連絡先、『つどい参加希望』と明記し、下記あてにお送りく
  ださい。
 ・申込みは先着順とします。

【送付先・お問い合わせ】
 公益財団法人兵庫県人権啓発協会 研修部
 〒650-0003 神戸市中央区山本通4-22-15 兵庫県立のじぎく会館内 
 TEL:078-242-5355
 FAX:078-242-5360
 E-mail:info@hyogo-jinken.or.jp
 
(5) その他
 ①後日、YouTube「兵庫県人権啓発協会」チャンネルにて配信します。(詳細は(公財)兵庫県人権啓発協会HPにてお知らせします。)
 ②新型コロナウイルス感染症等の影響により、全体を中止もしくは講演を遠隔地よりライブ中継するなど、開催方法を変更する可能性があります。その際には、協会HPにてお知らせします。
 ③駐車場がありませんので公共交通機関をご利用ください。
 ④原則、途中入場はできませんので開会行事からご入場ください。