ホーム > 2022年11月記者発表資料 > 多木化学株式会社及び公益財団法人 多木文化振興会からの 「生物多様性ひょうご基金」への寄付金受領及び感謝状贈呈式を執り行います

ここから本文です。

多木化学株式会社及び公益財団法人 多木文化振興会からの 「生物多様性ひょうご基金」への寄付金受領及び感謝状贈呈式を執り行います

2022年11月4日

担当部署名/環境部自然・鳥獣共生課自然環境保全班  直通電話/078-362-3389(内3326)

 このたび、多木化学株式会社及び公益財団法人 多木文化振興会から公益財団法人ひょうご環境創造協会が設置する「生物多様性ひょうご基金」に対して寄付の申し出がありましたので、下記のとおり寄付金受領及び感謝状贈呈式を執り行います(報道関係者公開)。

1 日 時 
 令和4年11月9日(水曜日) 10時30分~11時00分

2 場 所 
 兵庫県庁2号館6階 服部副知事 応接室

3 出 席 者
(多木化学株式会社側)
 取締役上席常務執行役員  多木 勝彦(たき かつひこ) 
 取締役上席執行役員  井筒 裕之(いづつ ひろゆき)
(県 側)
 兵庫県副知事      服部 洋平(はっとり ようへい)
 公益財団法人ひょうご環境創造協会理事長  秋山 和裕(あきやま かずひろ)
 兵庫県環境部長        菅 範昭(すが のりあき)

4 内 容
 ・多木化学株式会社 多木取締役上席常務執行役員から理事長に寄付金(目録)を贈呈
 ・服部副知事から多木取締役上席常務執行役員に感謝状を贈呈

5 寄付金額
 500,000円
 (令和元年以降、4年連続寄付いただいており、寄付額は計2,000,000円)

6 寄付金の使途
 「ひょうごの生物多様性保全プロジェクト※」に選定された活動の支援
 特に、東播磨地域で活動されている団体と森林の保全活動をしている団体

※ ひょうごの生物多様性保全プロジェクトとは…
 本県では、県内各地でのNPO等自然保護団体の活動の中から、希少種の保全や外来生物の駆除など生物多様性保全に寄与するモデル的な活動を「生物多様性保全プロジェクト」として選定している(令和3年度末現在、99プロジェクトを選定)