ホーム > しごと・産業 > 商業・サービス業 > コミュニティビジネス > 高齢者コミュニティ・ビジネス離陸応援事業

ここから本文です。

更新日:2018年5月25日

高齢者コミュニティ・ビジネス離陸応援事業

高齢者コミュニティ・ビジネスとは

兵庫県が実施する高齢者コミュニティ・ビジネス離陸応援事業では、次のような事業を高齢者コミュニティ・ビジネスと考えています。

<高齢者コミュニティ・ビジネスの定義>

ここで言う高齢者コミュニティ・ビジネスとは、多様な経験や資格・能力を持った高齢者の生きがいある新しい働く場づくりをめざして、県民一人ひとりが社会の担い手として参画し、自立したライフスタイルづくりをめざす取り組みの一つとして、地域課題の解決に自分たちで取り組み、対価を得ることでビジネスとして継続させていく事業のことです。

平成30年度高齢者コミュニティ・ビジネス離陸応援事業

事業内容

新たに高齢者コミュニティ・ビジネスを始めようとしている団体のうち、審査会において選定された団体に対し、立ち上がりに必要な初期経費の一部を補助します。

補助の内容

対象事業

1~3すべてにあてはまることが必要です。

 

  1. 地域課題の解決、地域貢献を目的とし、地域と連携した事業であること
  2. ビジネスとして継続的に実施される事業であること
  3. 平成29年4月1日から平成31年3月31日までに、新たに開始した、または開始予定の事業

応募資格

1~5すべてにあてはまることが必要です。

 

  1. 兵庫県内に活動拠点を置き、兵庫県内の地域を活動領域としている団体
    (任意のグループ、特定非営利活動法人、一般社団法人、株式会社等)
  2. 代表者が55歳以上、構成員が3人以上、うち55歳以上の者が2人以上(代表者含む)であること※年齢は平成30年4月1日現在
  3. 必要に応じて高齢者の就業に配慮した勤務条件・労働環境を整備していること
  4. 「生きがいしごとサポートセンター」の助言を受け、様式1に生きがいしごとサポートセンター担当者の署名・押印を得ていること
  5. 宗教活動、政治活動を主たる目的とする団体、暴力団もしくはその統制下の団体でないこと

補助期間

補助金交付決定日(平成30年7月頃予定)~平成31年3月31日

補助率

補助対象経費の2分の1以内

補助額

100万円以内

補助予定団体数

30団体程度

応募方法

所定の申請書に必要事項を記入のうえ、労政福祉課まで提出してください。

なお、後日開催するヒアリング審査会では、代表者自らが説明することとします。

応募締切

平成30年度の募集は終了しました。

 

平成29年度高齢者コミュニティ・ビジネス離陸応援事業認定事業

 

平成29年度高齢者コミュニティ・ビジネス離陸応援事業による認定事業は以下のとおりです。

1.申請・認定状況

(1)分野別

分野

生活支援

地域活性化

文化・芸術・教育

子育て支援・家事支援

リサイクル

中間支援

その他

合計

申請数

8

8

3

2

0

0

2

23

認定数

7

7

3

2

0

0

0

19

(2)地域別

地域

神戸

阪神南

阪神北

東播磨

北播磨

中播磨

西播磨

但馬

丹波

淡路

合計

申請数

6

1

4

2

3

1

2

0

3

1

23

認定数

5

1

2

2

3

1

2

0

2

1

19

2.認定事業一覧

別紙のとおり

3.主な認定事業

  1. 高齢者の雇用と遊休農地の活用を図る楮の育苗と加工事業
  2. 丹波布の委託販売、丹波布に親しむワークショップの開催等により地域の伝統文化の活性化につなげる事業

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:産業労働部政策労働局労政福祉課

電話:078-362-9183

FAX:078-362-3392

Eメール:rouseifukushika@pref.hyogo.lg.jp