ホーム > しごと・産業 > 労働・雇用・資格 > しごと・雇用・働き方 > 障害者職場適応訓練

ここから本文です。

更新日:2017年5月12日

障害者職場適応訓練

障害者職場適応訓練の概要

障害のある方に対し、個々の能力や特性に適合する職種等について、県が事業所に委託して訓練を行います。事業主に対しては職場への適応性の有無を把握していただき、実際の作業環境への適合を容易にすることを通じ、訓練終了後は当該事業所に引き続き雇用をしてもらことをめざすものです。

受講対象者はハローワークで求職登録を行い、ハローワークから受講指示を受けた方となります。

  • 一般の職場適応訓練
    訓練期間が6ヶ月以内(中小企業及び重度障害者に係る訓練は1年以内)
    職場での適応等が容易ではない障害者について、作業訓練や生活指導などを行います。
  • 短期の職場適応訓練
    訓練期間が2週間以内(重度障害者に係る訓練は4週間以内)
    実際に従事する仕事を経験して就業への自信を持てるようにします。

事業主に対する訓練費

一般の職場適応訓練の場合、月額24,000円(重度の障害者25,000円)
短期の職場適応訓練の場合、日額960円(重度の障害者1,000円)

訓練生に対する訓練手当

一般の職場適応訓練の場合、1箇月平均約120,000円
短期の職場適応訓練の場合、1日平均約4,800円

労災保険

職場適応訓練受講者は、全員労災保険に加入していただく必要があります。

訓練を受託できる事業主

  • 職場適応訓練を行う設備的余裕があること
  • 指導員として適切な従業員がいること
  • 労働者災害補償保険、雇用保険、健康保険等に加入、またはこれらと同様の職員共済制度を保有していること
  • 労働基準法及び労働安全衛生法に規定する安全衛生その他作業条件が整備されていること
  • 職場適応訓練就労後、引き続き職場適応訓練を受けた者を雇用する見込みがあること

職場適応訓練に関するお問い合わせ先

管轄のハローワーク(外部サイトへリンク)までお問い合わせください。

 

障害者の雇用促進についてのページに戻る

お問い合わせ

部署名:産業労働部政策労働局労政福祉課

電話:078-362-9183

FAX:078-362-3392

Eメール:rouseifukushika@pref.hyogo.lg.jp