ホーム > しごと・産業 > 経営 > 中小企業支援 > 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(飲食店向け)(第6期:7月12日~8月1日の時短要請分)

更新日:2021年11月18日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(飲食店向け)                                                                                                                    (第6期:7月12日~8月1日の時短要請分)

(お知らせ)

既に受付を終了した、新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(飲食店向け、第6期から第8期まで)について、申請受付期間を延長します。

詳細はこちら(PDF:67KB)をご覧下さい。

延長受付期間:令和3年11月19日(金)~12月3日(金)(当日消印有効)

第8期ホームページについては、こちらをご覧下さい。

第7期ホームページについては、こちらをご覧下さい。

第5期協力金(6月1日~7月11日の休業・時短要請分)については、こちらをご覧下さい。 

緊急事態宣言に係るショッピングセンターや百貨店に対する協力金についてはこちらをご覧下さい。

· 第3期・第4期協力金(4月1日~5月31日の休業・時短要請分)については、こちらをご覧下さい。

· 第2期協力金(2月8日以降の時短要請分)については、こちらをご覧下さい。

· 第1期協力金(2月7日までの時短要請分)については、こちらをご覧下さい。

飲食店等に対する時短営業の要請について、詳細はこちらをご覧下さい。 

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金

対象者

県の要請に応じて時短営業(休業を含む)に協力いただいた店舗を運営する事業者

支給要件

原則として、定休日等の店休日を除く全ての営業日に継続して、時短営業(休業を含む)に協力していただいた店舗単位に支給します。

※業種別ガイドライン等に基づく感染防止の取組を行い、「感染防止対策宣言ポスター」を掲示することが必要です。

感染防止対策宣言ポスター」はHPからダウンロードして使用して下さい。

※協力開始日から要請終了日まで継続して要請に応じていただくことが必要です。

※定休日や不定休による店休日は時短営業日数から除きます。但し、コロナ禍で本来営業する日を休業とした場合は対象です。

支給額等

〈区域①〉神戸・阪神南・阪神北地域と明石市の店舗の方

 

 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金 

対象区域

神戸・阪神南(尼崎市、西宮市、芦屋市)・阪神北(伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、猪名川町)地域・明石市 

対象期間

 令和3年7月12日(月)~8月1日(日)(21日間)

対象施設

 対象区域内の、飲食店等・遊興施設・結婚式場のうち食品衛生法上の飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けている店舗 

支給要件

・通常、午後8時30分を超えて営業する店舗が、営業時間を午後8時30分までに短縮すること。

・酒類の提供(利用者による酒類の店内持ち込みを含む)は、午前11時から午後7時30分までとすること。

支給額

 下記により算出した1日当たり額/店舗×時短営業日数(最大21日間)

支給額

(詳細)

※<中小企業>

 前年又は前々年の基準月の1日当たり売上高に応じて単価決定

 ・83,333円以下の店舗:2.5万円

 ・83,334円~25万円の店舗:(前年等の1日当たり売上高)×0.3の額

 ・25万円以上の店舗:7.5万円

<大企業> *中小企業もこの方式を選択可

 前年等からの1日当たりの売上高の減少額×0.4

 (1千円から千円単位、上限:20万円又は前年等の1日当たり売上高×0.3のいずれか低い額)

 

〈区域②〉加古川市・高砂市・稲美町・播磨町・姫路市の店舗の方

 

 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金 

対象区域

 東播磨地域(加古川市、高砂市、稲美町、播磨町)・姫路市

対象期間

 令和3年7月12日(月)~7月31日(土) (20日間)

令和3年8月1日(日) (1日間)

対象施設

 対象区域内の、飲食店等・遊興施設・結婚式場のうち食品衛生法上の飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けている店舗 

支給要件

・通常、午後9時30分を超えて営業する店舗が、営業時間を午後9時30分までに短縮すること。

・酒類の提供(利用者による酒類の店内持ち込みを含む)は、午前11時から午後8時30分までとすること。

・通常、午後8時30分を超えて営業する店舗が、営業時間を午後8時30分までに短縮すること。

・酒類の提供(利用者による酒類の店内持ち込みを含む)は、午前11時から午後7時30分までとすること。

支給額

下記アとイにより算出した協力金額の合計金額

支給額

(詳細)

ア.7月12日から7月31日までの協力金額 2万円/日・店舗×時短営業日数(最大20日間)

イ.8月1日の協力金額 下記により算出した1日当たり額/店舗

※<中小企業>

 前年又は前々年の基準月の1日当たり売上高に応じて単価決定

 ・83,333円以下の店舗:2.5万円

 ・83,334円~25万円の店舗:(前年等の1日当たり売上高)×0.3の額

 ・25万円以上の店舗:7.5万円

<大企業> *中小企業もこの方式を選択可

 前年等からの1日当たりの売上高の減少額×0.4

(1千円から千円単位、上限:20万円又は前年等の1日当たり売上高×0.3のいずれか低い額)

 

〈区域③〉北播磨・中播磨(姫路市を除く)・西播磨・但馬・丹波・淡路地域の店舗の方

 

 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金 

対象区域

 北播磨(西脇市、三木市、小野市、加西市、加東市、多可町)・中播磨(神河町、市川町、福崎町)

 西播磨(相生市、たつの市、赤穂市、宍粟市、太子町、上郡町、佐用町)・但馬(豊岡市、養父市、朝来市、香美町、新温泉町)

 丹波(丹波篠山市、丹波市)・淡路(南あわじ市、淡路市、洲本市)地域

対象期間

令和3年7月12日(月)~8月1日(日)(21日間)

対象施設

 対象区域内の、飲食店等・遊興施設・結婚式場のうち食品衛生法上の飲食店営業許可又は喫茶店営業許可を受けている店舗 

支給要件

・通常、午後9時30分を超えて営業する店舗が、営業時間を午後9時30分までに短縮すること。

・酒類の提供(利用者による酒類の店内持ち込みを含む)は、午前11時から午後8時30分までとすること。

支給額

 2万円/日・店舗×時短営業日数(最大21日間)

 

申請書類・申請方法

※第7期ホームページ(こちら)をご参照下さい。

受付期間・受付方法

※第7期ホームページ(こちら)をご参照下さい。

協力金の返還

協力金支給後に対象要件に該当しないことが判明した場合、又は偽りその他不正の手段により協力金を受領した場合は、協力金の支給決定を取り消したうえで、全額返還していただきます。県が指定する返還期限までに返還されなかった場合、返還額に応じた遅延利息(年10.95%の割合)が生じます。偽り、その他不正の手段が特に悪質な場合は、警察に刑事告訴を行います。

お問い合わせ先

  ●兵庫県休業・時短協力金コールセンター

  電話:078-361-2501

  受付時間:平日(祝日を除く) 午前9時~午後5時