ホーム > しごと・産業 > 工業 > 産学官連携 > 兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)

ここから本文です。

更新日:2020年10月26日

兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)

兵庫県では、次世代産業を中心とした成長産業分野の育成を図るため、比較的初期段階にある産学官連携による共同研究を支援する提案公募型の研究補助制度「兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)」を実施しています。
なお、本事業は次の2つの区分を設けて研究提案を募集します。

<可能性調査・研究>
産学官連携による共同研究体制の構築とともに、先行技術や市場調査及び予備的実験を中心とした萌芽的・準備的なレベルの調査研究を支援します。

<応用ステージ研究>
産学官連携による応用研究段階の共同研究チームに対し、国や企業の大型研究プロジェクトなど、本格的な研究開発段階への移行を支援します。

お知らせ

【令和2年度(2020)年度の募集(当初分・追加分)は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。】

【追加公募分】令和2(2020)年度「兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)」の概要

区分

可能性調査・研究

応用ステージ研究

対象産業分野
  1. 航空・宇宙
  2. ロボット
  3. 環境・エネルギー
  4. 健康医療
  5. 新素材
  6. オンリーワン技術(競争力のある優れた技術・ノウハウの獲得を目指し、今後県の産業の発展に期待できる研究開発)
  7. AI・IoT・ビッグデータ
  8. 自動運転・ドローン

ポストコロナ社会に対応した研究開発プロジェクトを優先的に採択

【優先採択テーマ例】

  • サプライチェーンの再構築に係る研究開発(AI・IoT・ロボット・ビッグデータ活用等)
  • デジタル技術を活用した非対面型ビジネス創出に係る研究開発
  • テレワークの拡大に係る研究開発
  • 健康医療や社会課題の解決を担う先駆的技術に係る研究開発
補助対象者

産学官で構成される共同研究チーム

要件:

  1. 「産・学・官」、「産・学」、「産・官」のいずれかで構成
  2. 「産」のうち兵庫県内に事業所を有し、かつ兵庫県内で研究活動を行っている中小企業者を少なくとも1者含むこと
  3. 対象産業分野の事業拡大又は新規参入を目的として実施する研究で、共同研究に参画する県内中小企業者が当該研究成果を活用した事業化計画を有していること

1課題あたりの補助金額

10~100万円/課題

100~1,000万円/課題

補助率 定額(補助率100%)
対象経費 研究(調査、試験分析、試作を含む)に必要な経費
補助期間

1年間

(注1)対象産業分野についてご不明のときは、下記問い合わせ先までご連絡ください。
(注2)朱書き部分は【当初公募分】と異なる点となります。

【追加公募分】公募のお知らせ

このたび、コロナ危機の克服に向けた県内産業の反転攻勢支援の一環として、先端産業分野における事業創出・拡大を図るため、ポストコロナ社会に対応した研究開発プロジェクト等の追加公募を行います。
ついては、令和2年度の「兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)」追加公募分を以下により公募しますので、お知らせします。

【令和2(2020)年度追加公募分の募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。】

  1. 受付期間:令和2年6月18日(木曜日)から令和2年7月17日(金曜日)必着
  2. 受付時間:午前9時から正午、午後1時から午後5時30分(土曜日、日曜日、祝日は除きます)
    ※提出方法は、持参のほか書留郵便等での提出も可能です。

応募にあたっての留意事項

  1. 補助制度の対象となるのは、補助金交付決定後の実施事業に限ります。
  2. 予算状況または審査状況により、必ずしも希望額が補助されるわけではありません。
  3. 事業実施状況の確認のため、書類の提出や実地検査を受けていただく必要があります。

令和2年度【追加公募分】公募要領等

公募要領(PDF:97KB)
研究提案書(可能性調査・研究)様式(ワード:43KB)
研究提案書(可能性調査・研究)記載例(PDF:117KB)
研究提案書(応用ステージ研究)様式(ワード:47KB)
研究提案書(応用ステージ研究)記載例(PDF:134KB)
よくあるQ&A(PDF:57KB)

問い合わせ等

兵庫県産業労働部産業振興局新産業課情報・産学連携振興班
〒650-8567神戸市中央区下山手通5-10-1/兵庫県庁1号館6階
TEL:078-341-7711(内線3527)
FAX:078-362-4273
E-mail:shinsangyo@pref.hyogo.lg.jp

【当初公募分】令和2(2020)年度「兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)」の概要

区分

可能性調査・研究

応用ステージ研究

対象産業分野
  1. 航空・宇宙
  2. ロボット
  3. 環境・エネルギー
  4. 健康医療
  5. 新素材
  6. オンリーワン技術(競争力のある優れた技術・ノウハウの獲得を目指し、今後県の産業の発展に期待できる研究開発)
  7. AI・IoT・ビッグデータ
  8. 自動運転・ドローン
補助対象者

産学官で構成される共同研究チーム

要件:

  1. 「産・学・官」、「産・学」、「産・官」のいずれかで構成
  2. 「産」のうち兵庫県内に事業所を有し、かつ兵庫県内で研究活動を行っている中小企業者を少なくとも1者含むこと
  3. 対象産業分野の事業拡大又は新規参入を目的として実施する研究で、共同研究に参画する県内中小企業者が当該研究成果を活用した事業化計画を有していること

1課題あたりの補助金額

10~100万円/課題

100~1,000万円/課題

補助率 定額(補助率100%)
対象経費 研究(調査、試験分析、試作を含む)に必要な経費
補助期間

1年間

原則1年間(最大2年間)

(注1)対象産業分野についてご不明のときは、下記問い合わせ先までご連絡ください。

【当初公募分】公募のお知らせ

令和2年度の「兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)」については、以下により公募しますので、お知らせします。

【令和2(2020)年度当初公募分の募集は終了しました。多数のご応募ありがとうございました。】

  1. 受付期間:令和2年2月25日(火曜日)から令和2年4月3日(金曜日)必着
  2. 受付時間:午前9時から正午、午後1時から午後5時30分(土曜日、日曜日、祝日は除きます)
    ※提出方法は、持参のほか書留郵便等での提出も可能です。

応募にあたっての留意事項

  1. 補助制度の対象となるのは、補助金交付決定後の実施事業に限ります。
  2. 予算状況または審査状況により、必ずしも希望額が補助されるわけではありません。
  3. 事業実施状況の確認のため、書類の提出や実地検査を受けていただく必要があります。

令和2年度【当初公募分】公募要領等

公募要領(PDF:314KB)
研究提案書(可能性調査・研究)様式(ワード:42KB)
研究提案書(可能性調査・研究)記載例(PDF:282KB)
研究提案書(応用ステージ研究)様式(ワード:47KB)
研究提案書(応用ステージ研究)記載例(PDF:329KB)
よくあるQ&A(COEプログラム)(PDF:216KB)

公募説明会のご案内

この補助事業に関する公募説明会を開催しますので、出席を希望される方は、下記リンク先の申込フォームから事前のお申し込みをお願いします。
なお、定員に達した等、ご参加いただけない場合以外、当方から特段の連絡を行いませんので、そのままお越しください。
※応募にあたって説明会への参加は必須ではありません。

  1. 日時:令和2年3月6日(金曜日) 10時30分から12時00分まで
  2. 場所:兵庫県民会館902会議室(神戸市中央区中山手通4-16-3)
    ※アクセスは、兵庫県民会館ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。
  3. 定員:45名(定員に達し次第、締め切ります。)
  4. お申込み:兵庫県電子申請システム申込フォームからお申し込みください。
    https://www.shinsei.elg-front.jp/hyogo/uketsuke/dform.do?id=1581643437216(外部サイトへリンク)

COE公募説明会ご案内チラシ(PDF:98KB)

【公募説明会資料】

問い合わせ等

兵庫県産業労働部産業振興局新産業課情報・産学連携振興班
〒650-8567神戸市中央区下山手通5-10-1/兵庫県庁1号館6階
TEL:078-341-7711(内線3527)
FAX:078-362-4273
E-mail:shinsangyo@pref.hyogo.lg.jp

採択結果等

(1)「応用ステージ研究」採択研究プロジェクト(平成26年度~)

(2)「可能性調査・研究」採択研究プロジェクト(平成29年度~)

(3)「F/S調査ステージ研究」採択研究プロジェクト(平成26年度~)

(4)「本格的研究開発移行枠」採択研究プロジェクト(平成23年度~)

(5)「環境・エネルギーイノベーション特別枠」採択研究プロジェクト(平成25年度~)

(6)「先導的研究枠」採択研究プロジェクト(平成23年度~)

(7)平成15~22年度採択研究プロジェクト

(8)補助事業終了研究プロジェクトの事後評価結果

補助事業終了後の研究プロジェクトについて、国等の競争的資金を活用した研究開発、民間企業における大型プロジェクト等による本格的研究へ円滑につなげるとともに、今後の研究開発、事業化開発の展開等に資するため、「兵庫県最先端技術研究事業(COEプログラム)有識者会議」により事後評価を実施することとしています。

(ア)平成26年度~「応用ステージ研究」終了研究プロジェクト

(イ)平成29年度~「可能性調査・研究」終了研究プロジェクト

(ウ)平成26年度~「F/S調査ステージ研究」終了研究プロジェクト

(エ)平成23年度~「本格的研究開発移行枠」終了研究プロジェクト

(オ)平成26年度「環境・エネルギーイノベーション特別枠」終了研究プロジェクト

(カ)平成23年度~「先導的研究枠」終了研究プロジェクト

(キ)平成15~22年度終了研究プロジェクト

関連メニュー

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:産業労働部産業振興局新産業課 情報・産学連携振興班

電話:078-362-3054

FAX:078-362-4273

Eメール:shinsangyo@pref.hyogo.lg.jp