ホーム > しごと・産業 > 経営 > 起業 > ポストコロナ起業家支援事業(ポストコロナ時代に積極的に対応した事業での起業を目指す起業家向け助成金)

更新日:2022年4月22日

ここから本文です。

起業家支援事業ポストコロナ枠(一般枠)

事業の目的

ポストコロナの地域経済再生・活性化に資する事業での起業や第二創業を目指す起業家の新規事業開発や新事業展開を支援します。

令和4年度起業家支援事業ポストコロナ枠(一般枠)

<事業内容>

県内で、after/withコロナ社会を見据えた地域経済の再生・活性化に資する事業での起業や第二創業を目指す起業家のうち、審査会において有望なビジネスプランであると選定された方に対し、新たなビジネスプラン開発や新事業展開を行うための経費の一部を補助するものです。

※「ひょうごチャレンジ起業支援貸付」の新規貸付は令和3年度をもって終了しました。

<補助内容>

応募対象事業

(1)新たなビジネスプラン開発や新事業展開を行う事業であること

(2)地域経済の活性化に資する事業であること

(3)ポストコロナの地域経済再生・活性化に資する事業であること

応募資格

県内に居住し又は令和5年1月末日までに居住する予定で、令和3年4月1日から令和5年1月末日までに県内に活動拠点を置いてポストコロナの地域経済再生・活性化に資する事業で新たに起業・第二創業をした又はする予定の代表者

補助対象経費 事業の立ち上げ等に必要な経費として明確に区分できるもので、かつ証拠書類によって契約、発注、納品、請求、支払等の金額・時期・内容等が確認できる経費(※令和4年4月1日から令和5年1月末日までに物品等の引渡しや役務の提供及び支払いが完了する経費に限る。)
  • 事務所開設費、初度備品費、専門家経費、広告宣伝費等
補助金額

上限100万円(補助率:2分の1以内)

空き家を活用する場合は、改修費に対して別途100万円を上限に加算あり

補助対象期間 令和4年4月1日~令和5年1月末日
審査方法 応募書類審査及びヒアリング審査により選考(必要に応じて現地調査を実施)

<募集期間>

令和4年4月20日(水曜日)~6月30日(木曜日)<最終日16時必着>まで

<募集の問い合わせ・応募先>

公益財団法人ひょうご産業活性化センター創業推進部新事業課
TEL:078-977-9072 FAX:078-977-9112
http://web.hyogo-iic.ne.jp/kigyo/guide/joseikin
(募集要項、申請書様式等は、上記ホームページからダウンロードできます。)

お問い合わせ

部署名:産業労働部 新産業課

電話:078-362-4157

FAX:078-362-4273

Eメール:shinsangyo@pref.hyogo.lg.jp