ホーム > しごと・産業 > 科学技術・情報 > 科学技術 > 放射光産業利用の推進 > 兵庫県マテリアルズ・インフォマティクス講演会「放射光×マテリアルズ・インフォマティクス:その現状と展望」

ここから本文です。

更新日:2018年1月11日

兵庫県マテリアルズ・インフォマティクス講演会
「放射光×マテリアルズ・インフォマティクス:その現状と展望」

兵庫県は、2017年4月に物質・材料研究機構(NIMS)と締結した「情報統合型物質・材料開発イニシアティブ(MI2I)」に係る連携・協力に関する覚書に基づき、SPring-8兵庫県ビームラインをMI2Iの社会実装サテライト拠点として、放射光科学、マテリアルズ・インフォマティクス、材料科学の分野融合による次世代材料開発の促進に取り組んでいます。
その一環として、来年度、SPring-8の産業利用ユーザー等を対象に、兵庫県マテリアルズ・インフォマティクス研究会を立ち上げます。このたび同研究会のキックオフセミナーとして講演会を開催しますので、ぜひご参加ください。

1日時

2018年2月16日(金曜日)13時30分~17時00分(講演会)

 17時30分~19時00分(交流会)

2会場

大阪大学 産業科学研究所 講堂(講演会)・Kitchen BISYOKU(交流会)
〒567-0047 大阪府茨木市美穂ヶ丘8-1
[アクセス]【電車】阪急千里線 北千里駅下車 東へ徒歩20分
【モノレール】大阪モノレール 阪大病院前駅下車 徒歩15分
※詳しいアクセスはこちらを参照ください。(PDF:249KB)

3参加費

無料(交流会は会費2000円(予定))

4定員

80名(定員になり次第締め切ります)

5内容

理論、計測、計算科学、情報科学を融合活用するマテリアルズ・インフォマティクスの概要と現状をわかりやすく紹介する。また兵庫県が目指す産業利用構想、放射光データ解析への応用、企業が抱くマテリアルズ・インフォマティクスへの期待や夢についての各話題を講演で紹介する。

13時30分~13時35分 開会挨拶

兵庫県科学情報局長  落合 正晴

13時35分~13時55分 物質・材料研究機構(NIMS)と兵庫県の連携による取組

兵庫県立大学放射光ナノテクセンター  横山 和司

13時55分~14時55分 マテリアルズ・インフォマティクスの概要と現状

大阪大学産業科学研究所、物質・材料研究機構  小口 多美夫

14時55分~15時15分 休憩

15時15分~16時15分 計測データ等の機械学習の必要性(仮)

高輝度光科学研究センター  水牧 仁一朗

16時15分~16時55分 マテリアルズ・インフォマティクスに期待すること(仮)

株式会社富士通研究所 土井 修一

16時55分~17時00分 閉会挨拶

物質・材料研究機構 情報統合型物質・材料研究拠点長  伊藤 聡

17時30分~19時00分 交流会

6申込方法

参加申込書(チラシ)(ワード:39KB)に必要事項を記入の上、メールかFAXでご送付ください。
[申込メールアドレス]nanochan@hyogo-bl.jp
[申込FAX番号] 0791-58-1457

7申込締切

2018年2月8日(木曜日)(予定)

8主催

主催: 兵庫県(兵庫県次世代材料開発研究会)、(国研)物質・材料研究機構 情報統合型物質・材料研究拠点
共催: 大阪大学 産業科学研究所、兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構
協賛: SPring-8利用推進協議会、(公財)計算科学振興財団

9問い合わせ先

兵庫県次世代材料開発研究会事務局(兵庫県立大学 放射光ナノテクセンター内)
Eメール:nanochan@hyogo-bl.jp 電話:0791-58-1415 FAX:0791-58-1457

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:企画県民部科学情報局科学振興課

電話:078-362-3053

FAX:078-362-4466

Eメール:kagakushinko@pref.hyogo.lg.jp