ホーム > 地域・交流・観光 > 観光・レジャー > 観光 > ひょうご観光本部のDMO登録について

ここから本文です。

更新日:2020年3月31日

ひょうご観光本部のDMO登録について

ひょうご観光本部は、3月31日付で観光庁から「日本版DMO」(登録区分:地域連携DMO)に登録されました。

観光振興を通じてより良い地域社会を実現する「持続可能な観光」、「世界に選ばれるデスティネーション兵庫」の実現をめざして、地域主導の着地型観光や多様なステークホルダーとの連携事業などに取り組み、兵庫県全域での観光地づくりを推進してまいります。

 

  1. DMO登録経緯
    令和元年8月1日 公益社団法人ひょうご観光本部に名称変更
    (英語表記:Hyogo Tourism Bureau)
    令和元年8月7日 日本版DMO候補法人登録
    令和2年3月31日 日本版DMO登録
  2. 法人概要
    • (1)名称 公益社団法人ひょうご観光本部
    • (2)所在地 神戸市中央区下山手通5-10-1
    • (3)代表者 理事長 西村 肇
    • (4)会員数 302社・団体(県内市町、観光協会、観光事業者等)
    • (5)職員数 23人(常勤役員含む) ※令和2年4月1日
  3. 公益社団法人ひょうご観光本部の地域連携DMO登録にあたっての知事コメント
    「公益社団法人ひょうご観光本部が観光庁の地域連携DMOに登録されました。兵庫県の観光地域づくりを担う中核として、さらなる取組が期待されます。
    新型コロナウイルス感染症の影響により、県内の観光産業も大きな打撃を受けています。当面、人々の往来が制限されている間は、反転攻勢のための準備を進め、事態の終息時には、人の流れや賑わいの回復を図り、『世界から選ばれるデスティネーション兵庫』を目指します。令和2年3月31日 兵庫県知事 井戸 敏三」

【参考】日本版DMOの登録区分

広域連携DMO:複数の都道府県に跨がる地方ブロックレベルの区域を一体とした観光地域として、マーケティングやマネジメント等を行うことにより観光地域づくりを行う組織

地域連携DMO:複数の地方公共団体に跨がる区域を一体とした観光地域として、マーケティングやマネジメント等を行うことにより観光地域づくりを行う組織

地域DMO:原則として、基礎自治体である単独市町村の区域を一体とした観光地域として、マーケティングやマネジメント等を行うことにより観光地域づくりを行う組織

お問い合わせ

部署名:産業労働部観光局観光企画課 ツーリズム政策班

電話:078-362-3317

内線:3799

FAX:078-362-4275

Eメール:kankokikaku@pref.hyogo.lg.jp