ホーム > イベントカレンダー > 兵庫陶芸美術館 特別展「教えて!兵庫陶芸美術館―収集と展示のQ&A―」(丹波篠山市)

更新日:2022年10月29日

ここから本文です。

兵庫陶芸美術館 特別展「教えて!兵庫陶芸美術館―収集と展示のQ&A―」(丹波篠山市)

上段左から: 珉平《三彩鳳凰草花文大皿》(部分)19世紀(江戸時代後期~明治時代前期)(田中寛コレクション)/丹波《壺 銘「布引」》14世紀(室町時代前期)(田中寛コレクション・兵庫県指定重要有形文化財) /下段左から: 明石(部分)《色絵亀甲文手桶形水指》19世紀(江戸時代後期)/桑田卓郎《茶垸》2017年※所蔵は全て兵庫陶芸美術館 

osiete01

概要

兵庫陶芸美術館
特別展「教えて!兵庫陶芸美術館―収集と展示のQ&A―」

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 兵庫陶芸美術館は、2005年に丹波焼の里、現在の兵庫県丹波篠山市に開館しました。コレクションの基礎となったのは、全但バス株式会社社長の田中寛氏(1904~1981)が収集した、丹波焼をはじめとする兵庫県内で作られた古陶磁です。さらに、開館以降も県内産地の特徴を示す陶磁器や、国内外の現代陶芸などをコレクションの柱として、収集を続けています。また、開館から現在まで、やきものを専門に扱う美術館として、収蔵品を活用した企画展や、国内外の陶芸や工芸を紹介する巡回展など年間4つの特別展と、数本のテーマ展を開催し、陶芸文化の魅力を発信しています。
 古来、やきものは、人々の暮らしやその土地の風土、芸術と関わりながら多様な発展を遂げてきました。北は日本海、南は瀬戸内海に面する広大な県域を持つ兵庫県でも、旧五国の特徴を生かした、多くのやきもの産地が生まれました。さらに、近代以降には、これまで産業として発展してきたやきもの世界に、個を表現した“芸術としての陶芸”も生まれます。
 本展では、県内産地のやきものや、作家によって作られた現代の陶芸作品など、当館の特色あるコレクションと併せて、収集や展示活動の軌跡、やきものならではの美術館展示についても紹介します。やきもの専門の美術館「兵庫陶芸美術館」の魅力を感じていただければ幸いです。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

◇会期:2022年12月10日(土曜日)~2023年2月26日(日曜日)

◇開館時間:10時~18時 ※入館は閉館の30分前まで。

休館日:月曜日、12月31日(土曜日)、1月1日(日・祝) [ただし、1月2日(月・振休)、1月9日(月・祝)は開館し、1月4日(水曜日)、1月10日(火曜日)は休館]

観覧料:一般600(500)円、大学生500(400)円、高校生以下無料
 ※( )内は、特別割引および20名以上の団体割引料金です。
 ※70歳以上の方は半額になります。
 ※障害のある方は75%割引、その介助者1名は無料になります。
 ※17時以降に観覧される場合は、夜間割引料金になります(一般300円、大学250円)。 

主催:兵庫陶芸美術館、神戸新聞社

後援:兵庫県、兵庫県教育委員会、丹波篠山市、丹波篠山市教育委員会、丹波市、丹波市教育委員会、

 公益財団法人 兵庫県芸術文化協会、公益財団法人 兵庫県国際交流協会

◇協力:丹波立杭陶磁器協同組合

osiete_sakuhin01

丹波《壺 銘「布引」》14世紀(室町時代前期) 田中寛コレクション(兵庫県指定重要有形文化財)

osiete_sakuhinn02

桑田卓郎《茶垸》2017年

osiete_sakuhin03

珉平《三彩鳳凰草花文大皿》19世紀(江戸時代後期~明治時代前期) 田中寛コレクション

開催期間

  • 2022年12月10日(土曜日)~2023年2月26日(日曜日)

開催場所

会場名 兵庫陶芸美術館
会場住所

〒669-2135

兵庫県丹波篠山市今田町上立杭4

TEL.079-597-3961

FAX.079-597-3967

E-mail togei@pref.hyogo.lg.jp
会場へのアクセス

詳細は:

兵庫陶芸美術館 The Museum of Ceramic Art, Hyogo - 土と語る、森の中の美術館 (mcart.jp)(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

◆JRをご利用の場合

  • 福知山線「相野駅」下車(大阪駅から約50分)、駅前からウイング神姫(路線バス)「兵庫陶芸美術館」「こんだ薬師温泉」または「清水寺」行き乗車約15分、「兵庫陶芸美術館」下車

ただし運行本数が限られていますので当館ホームページ(上記リンク)内、JR・バス時刻表をご確認下さい。
※相野駅よりタクシーも運行しています。

自動車をご利用の場合

  • 舞鶴若狭自動車道「三田西IC」から約15分、または「丹南篠山口IC」から約20分
  • 中国自動車道「滝野社IC」から国道372号を東へ約30分
  • 阪神方面から国道176号を北上し、三田市四ツ辻信号を左折約15分

駐車場(無料)

敷地内に58台分(普通車)の駐車スペースをご用意しています。

移動が困難な方は、館玄関前に駐車していただけますので、駐車場誘導係にお申し付けください。

観光バスの受付については、お問い合わせください。

◆その他

無料貸出:車椅子4台、ベビーカー1台

お問い合わせ先

主催者名 兵庫陶芸美術館
住所 兵庫県丹波篠山市今田町上立杭4
電話 079-597-3961
FAX 079-597-3967

関連メニュー

親子で楽しむ星空鑑賞会「移動式プラネタリウム+天体望遠鏡による星空鑑賞会」

 日時:2022年12月25日(日曜日)15時30分~18時30分

 講師:小関高明氏(関西モバイルプラネタリウム代表)

 場所:兵庫陶芸美術館 研修棟1階セミナー室/展示棟/エントランス棟2階レストランウッドデッキ

 定員:30名(事前申込制。先着順。電話・FAXからお申込みいただけます。)

 参加費:一般300円、大学生250円、高校生以下無料

◆ワークショップ「新春!まるごとやきものレッスン~丹波の職人技に挑戦~

 日時:2023年1月14日(土曜日)午前コース/10時00分~12時00分・午後コース/13時30分~15時30分

 講師:当館陶芸指導員

 場所:兵庫陶芸美術館 エントランス棟1階 工房/展示棟

 定員:各コース15名(事前申込制、応募者多数の場合は抽選)

 応募締切:2022年12月15日(木曜日)16時00分必着

 参加費:有料

◆ギャラリートーク「当館学芸員による展示解説」

 2022年12月17日(土曜日)、2023年1月7日(土曜日)、1月21日(土曜日)、2月4日(土曜日)、

 2月18日(土曜日)

 ※いずれも11時00分より1時間程度(本展観覧券が必要です)。

◆新春のおもてなし

 日時:2023年1月2日(月・振休)~1月3日(火曜日)

 展覧会ご入場の方、各日先着100名様に、丹波焼小皿をプレゼントします。また、期間中は、割引料金でご 
 観覧いただけます。

■同時開催

2022年度著名作家招聘事業×テーマ展「矢部俊一展-空刻」 2022年12月10日(土曜日)~2023年2月26日(日曜日)

テーマ展「丹波焼の世界 season6」 ~2023年2月26日(日曜日)

各イベントに関する詳細は、お問い合わせください。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、展覧会、イベント等の内容に変更が生じる場合があります。最新情報は、兵庫陶芸美術館ホームページをご確認いただくか、お問い合わせください。

お問い合わせ

部署名:兵庫陶芸美術館