ホーム > 2020年2月記者発表資料 > 山陰海岸ジオパークトレイルコースの全線開通

ここから本文です。

山陰海岸ジオパークトレイルコースの全線開通

2020年2月28日

担当部署名/但馬県民局地域政策室ジオパーク課 外郭団体名等/山陰海岸ジオパーク推進協議会  直通電話/(0796)26-3783

平成27年度より設定が進められてきた「山陰海岸ジオパークトレイルコース」について、今月、鳥取県鳥取市から京都府京丹後市までのルート設定が完了しました。
「海わたり、街つなぐトレイル」をコンセプトに日本海を臨む海岸沿いの道をつなぎ、みちのく潮風トレイル(青森・岩手・宮城・福島)(約1,025km)、広島湾岸トレイル(広島)(約292km)に続き、日本で3番目に長い約230kmのトレイルとなりました。

1 特徴と魅力
特徴はコースト(海岸)トレイルです。トレイルの多くが山道を通るのに対し、多くの海岸線を楽しむことが出来ます。日本海形成の歴史、大陸の時代からの日本海形成、そして現在も続く地球の活動を記録する地層・岩石や地形が残る山陰海岸では、多様な景観を楽しむことが出来ます。コースの途中には砂浜を10km歩く場所(京丹後市:小天橋~夕日ヶ浦)や、海に険しく反り立った崖の上を歩く場所(岩美町:浦富海岸、香美町:大引の鼻)など、様々な楽しみ方が出来ます。
また、鳥取市から京丹後市まで6つの市町を通るので、様々な地形の起伏、景色、動植物、食文化を楽しみ、様々な温泉で疲れを癒す事が出来ます。

2 全長  約230km

3 コース数  27コース
約230kmのコースをセクションハイクとしてコース分けすることにより、コースの特徴や難易度に基づき、ハイカーが歩く場所を選ぶ事が出来ます。

4 コース図  山陰海岸ジオパークトレイルHP参照(http://sanin-geotrail.net/

別紙の通り

5 開通記念イベントの開催(予定)
2020年秋に記念イベントを行います。開通記念フォーラム及び数本のセクションハイクを歩くイベントを行います。

6 その他  山陰海岸ジオパークトレイル事務局の移管
現在「山陰海岸ジオパークトレイル協議会」は鳥取市観光コンベンション協会が事務局を持っていますが、トレイルコースの延伸に伴いコース全てを管理する事が困難となったため、山陰海岸ジオパークトレイル協議会は解散し、4月から山陰海岸ジオパーク推進協議会が事業内容を引き継ぐことになりました。