ホーム > 2021年3月記者発表資料 > 農業遺産「兵庫美方地域の但馬牛システム」に係るPR映像及び小学生向け副読本の作成

ここから本文です。

農業遺産「兵庫美方地域の但馬牛システム」に係るPR映像及び小学生向け副読本の作成

2021年3月26日

担当部署名/但馬県民局豊岡農林水産振興事務所農政振興課  直通電話/0796-26-3697

但馬県民局では、日本農業遺産「兵庫美方地域の但馬牛システム」の認知度向上のため、「美方郡産但馬牛」世界・日本農業遺産推進協議会(会長:浜上勇人香美町長)監修のもと、新規就農希望者や観光客向けPR映像及び小学生向け副読本を作成しました。

PR映像は、ひょうごチャンネル(Youtube)※での放映の他、新規就農希望者向けに就農説明会や農業大学校、農業高校での説明、また観光客向けに但馬牛博物館や道の駅等の観光施設での放映など、広く活用します。ひょうごチャンネルでは、3月26日から公開予定です。

副読本は、4月以降に美方郡(香美町、新温泉町)の小学4年生全員、また但馬牧場公園を訪問・見学する児童等に対して無償で配布し、地域学習の教材として活用します。

1 PR映像

 仕様:ナレーション付き詳細版(3分)及びダイジェスト版(1分)の2種類(日本語・英語対応)

 用途:新規就農者獲得のため、就農希望者向けの就農説明会、農業大学校、農業高校での説明。交流人口増加のため、観光客向けに但馬牛博物館や道の駅等の観光施設での放映

 内容:日本農業遺産に認定された但馬牛や美方地域の農業・文化を美しい映像とともに紹介

 <ポイント>

 ・人と但馬牛の絆:愛情を注がれ、家族の一員として過ごす但馬牛。人と牛の距離に注目です。

 ・美しい棚田と放牧風景:棚田で採れた稲わらを牛に与えます。棚田や高原で放牧もしています。

 ・継承される但馬牛:但馬牛の血統や飼育技術は、親から子へ子から孫へと継承されています。

2 小学生向け副読本

 仕様:A4縦フルカラー12ページ

 用途:美方郡(香美町、新温泉町)の小学4年生全員、また但馬牧場公園を訪問・見学する児童等に対して無償で配布し、地域学習の教材として活用

 内容:日本農業遺産に認定された但馬牛や美方地域の農業・文化をマンガ形式で紹介

 <ポイント>

 ・親しみやすい教材:子供たちが楽しく学べるようマンガ形式としました。巻末にはクイズも。

 ・シンプルなストーリー:但馬牛の特徴や歴史を、ストーリーでわかりやすく説明しています。

 ・農業遺産に認定された農業:自然と但馬牛と棚田の関係を図でわかりやすくまとめています。

【参考】「兵庫美方地域の但馬牛システム」

兵庫県美方郡では全国に先駆け、人間の戸籍に当たる「牛籍簿(牛籍台帳)」を整備し、但馬牛の厳正な個体管理や育種改良を進めてきたこと、また但馬牛の飼育を通じて、草原や棚田の維持、農村文化の継承にも貢献してきたことが評価され、平成31年2月、農林水産省から日本農業遺産に認定されました。

現在、FAO(国連食糧農業機関)において、世界農業遺産の認定に向けた審査が行われています。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。