ホーム > 2021年4月記者発表資料 > 但馬地域初の畜産GAPの認証

ここから本文です。

但馬地域初の畜産GAPの認証

2021年4月15日

担当部署名/但馬県民局豊岡農林水産振興事務所農政振興課  直通電話/0796-26-3694

 但馬牛の飼育から精肉販売までを手がける株式会社上田畜産(香美町)が、香美町村岡区及び小代区の牧場で、畜産物の安全や環境保全などの基準を定めた「畜産GAP(ギャップ 農業生産工程管理)」の認証を取得しました。

 但馬地域において畜産GAP取得は初めてです。また肉用牛経営では兵庫県初です。

 

1 (株)上田畜産概要

(1)設立:平成21年6月

(2)経営内容:但馬牛繁殖・肥育一貫経営、精肉販売

(3)従業員数:牧場4名

(4)牧場及び飼育頭数:

 ア 村岡牧場(村岡区宿):繁殖牛舎4棟、肥育牛舎3棟、堆肥舎2棟

 イ 小代牧場(小代区貫田・忠宮):繁殖牛舎10棟、肥育牛舎3棟、堆肥舎3棟

(5)総飼養頭数 繁殖牛(育成牛含み)500頭、肥育牛480頭(2年11月末現在)

(6)年間出荷頭数(令和元年実績)肉牛出荷208頭

(7)食肉加工施設:1カ所

(8)直売店「牛匠上田」

 ア 城崎店:兵庫県豊岡市城崎町湯島232 

 イ 小代店:兵庫県美方郡香美町小代区神水738

 

2 経緯

(1)平成31年4月~:

 関係機関(朝来家畜保健衛生所及び新温泉普及センター)と申請に向けた検討

(2)令和2月12月15日:

 認証機関である中央畜産会あて審査を申請

(3)令和3年2月8日~11日:

 現地審査

(4)令和3年3月26日:

 畜産GAP認証

 

3 問い合わせ先

株式会社上田畜産直売店 牛匠上田 小代店 担当 上田伸也

電話:0796-97-2929 FAX:0796-97-2955

 

【参考:畜産GAP】

 畜産におけるGAP(Good Agricultural Practice:農業生産工程管理)とは、農業生産活動の持続性を確保するため、農場作業手順の文書化、食品安全、家畜衛生、環境保全、労働安全、アニマルウェルフェアに関する法令等を遵守するための点検項目を定め、これらの実施、記録、点検、評価を繰り返し生産工程の管理や改善を行う取組のことです。

 我が国畜産物の輸出拡大等に向けて、平成29年3月末に日本版畜産GAP(正式名称JGAP家畜・畜産物)として基準書が策定され、この基準書に基づいてGAPに取り組み、審査・認証機関((公社)中央畜産会)の審査に合格した場合に、畜産GAPの認証を取得することができます。

 国内では223経営体(うち肉用牛64経営体)が取得。うち兵庫県は4件(肉用牛2件※、採卵鶏2件)が取得しています。(令和3年3月現在)※(株)上田畜産村岡農場、小代農場