ホーム > 2019年7月記者発表資料 > 「皆伐再造林地における防護柵と捕獲の一体的実施効果検証業務」企画提案競技の実施

ここから本文です。

「皆伐再造林地における防護柵と捕獲の一体的実施効果検証業務」企画提案競技の実施

2019年7月12日

担当部署名/但馬県民局朝来農林振興事務所森林第2課  直通電話/079-672-6881

1 事業の趣旨、目的

 兵庫県では、森林資源の成熟に伴い今年度から皆伐・再造林を進めつつあるが、再造林地でのシカによる苗木の食害の発生が再造林コストの増大につながることから、その推進上の阻害要因となっている。

 これまで食害の被害対策として防護柵の設置に取り組んできたが、今後、皆伐再造林を加速させるためには、さらに効果的な対策が必要である。このような認識の下、シカ捕獲について知見を持つ者と森林整備に大きな役割を果たしてきた森林組合がチームを組み防護柵の設置と一体的に行う捕獲手法の実証等に取り組むための企画提案を募集する。

2 事業内容

(1) 防護柵が設置された又は設置予定の造林地における効果的なシカ捕獲手法の提案・実施

 ア ワナによる捕獲手法の提案・実施
 森林組合と共同して選定した皆伐再造林地において、林業事業体等が実施または参画可能で効率的と考えられる方法の提案と試験捕獲の実施

 イ 銃による捕獲手法の提案・実施
 森林組合と共同して選定した皆伐再造林地において、林業事業体等が外部専門業者へ委託して実施が可能な方法(餌付けによる銃による捕獲等)の提案と試験捕獲の実施

 ウ 林業事業体による捕獲経費を算定するための、捕獲方法(ワナ、銃)ごとの捕獲工程調査の実施

(2) 事業効果を測るための被害状況調査の実施

(3) 報告会の開催

3 予算額

 上限2,000千円

4 募集要項配布及び問い合わせ

 669-5202
 朝来市和田山町東谷213-96

 兵庫県但馬県民局
 朝来農林振興事務所
 森林第2課

 電話 079-672-6882
 FAX 079-672-0505

 詳細は次のURLに記載

 http://web.pref.hyogo.lg.jp/tjk15/hokaku/r1hokaku.html

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。