ホーム > 2019年10月記者発表資料 > アート等を活用した日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」地域イベント支援事業

ここから本文です。

アート等を活用した日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」地域イベント支援事業

2019年10月25日

外郭団体名等/日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」推進協議会  直通電話/0796-34-6126

日本遺産「銀の馬車道・鉱石の道」推進協議会では、鉱石の道エリア(生野、神子畑、明延、中瀬)にゆかりの鉱物や風習・歴史・文化等についてアート等を使って表現し、「鉱石の道」エリアの魅力や固有の財産の掘り起こしを図るイベントの実施を支援しています。
今年度採択しました以下の事業についてイベントが開催されます。

1 採択事業(全4件、実施日程順)

 (1) NPO法人おおやアート村 「アウトサイドギャラリー明延2019」
 “アートで町を元気に“のコンセプトの下、明延鉱山をイメージした新たな木彫作品を作成し、いつでも誰でも見ることができる「アウトサイドギャラリー」として設置するとともに、明延出身の石田えいじ氏の木彫展を開催する。
 お披露目式:11月3日(日) 10:00~
 明延鉱山をイメージした木彫作品お披露会
 (お披露目後はあけのべ憩いの家に常設します)

 石田 えいじ展(~11/4)
 場 所:あけのべ憩いの家
 ※当日は、今年の一円電車体験乗車会の最終日
 問い合わせ先:電話 079-669-2449(NPO法人おおやアート村)

以下、イベントの詳細は調整中(決定次第お知らせします)

(2) TRUSS(代表者 松本智翔) 「Word chain art(仮称)」
 神子畑選鉱場跡よりアートテーマをしりとりで繋ぎ、新たなアートの道を作り出す。あそびの感覚で一般の方が気軽に参加できるアートイベントとする。
 開催日:令和元年11月~2月
 場 所:神子畑選鉱場よりスタート
 ※アートを描く場所は多くの人が目にする店舗・公的な場所とし、SNSやホームヘ゜ーシ゛にて場所を発信する。

(3)生野ルートダルジャン芸術祭実行委員会「生野ルートダルジャン芸術祭」
 生野エリアを中心にアートプログラム(数人のアーティストによる美の共演)、公開制作やワークショップを実施する。芸術祭を通じて地域のあり方を思考し、議論することで、将来につながる地域の魅力を研磨していく。
 開催日:令和2年3月7日(土)~3月22日(日)の土日祝(7日間)
 場 所:朝来市生野エリアの各所

(4)NPO法人J-heritage 「Nakaze Discovery Art Tour(仮称)
 
養父市中瀬にて地域にちりばめた作品を探し出すディスカバリーツアーを開催

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。