ここから本文です。

但馬地域ビジョン2050

人口減少・超高齢化、テクノロジーの進化、気候変動や生物多様性などの世界共通課題の深刻化により、社会は大きく変化してきています。特に、新型コロナウイルスの脅威は、否応なしに日々の暮らしや社会のあり方に影響を与えています。

このような大きな変化を迎えるなか、SDGsが掲げる誰一人取り残さない社会への変革を意識し、将来の夢や地域像についての住民同士の対話や小・中・高校生の声をもとにして、30年先の未来社会を見据えた地域づくりの「羅針盤」として、但馬地域ビジョン2050をつくりました。

2050年但馬の未来の姿

つながる、たからじま~みんなで創るワクワク但馬~

「たからじま」には、「但馬から(未来へ・世界へ)発信する」、

「但馬カラー(色・らしさ)を大切にする」という想いを込めています。

めざす5つの地域像と実現に向けた大切な視点

【地域像1】世界に誇る魅力を継承し、世界に輝く新たな魅力を創造する地域

  • 豊かな自然・食など但馬の魅力強化と次代への継承
  • 地域住民と来訪者が共に楽しむ新たな地域の魅力の創造

【地域像2】垣根を越えた新たな人との交流・つながりを実現する地域

  • 新たな交流の促進による地域の活力や持続性の向上
  • 新技術による魅力発信強化と国内外との新たな交流の促進

【地域像3】多様性を認め合い、誰もが輝き夢の実現にチャレンジできる地域

  • 個性が尊重され、誰もが多様性に富む暮らしを楽しみ輝ける地域
  • 夢をかなえるフロンティア但馬の実現

【地域像4】次代を担う若者や子どもたちがイキイキ育ち暮らす地域

  • 自ら活躍する場があり、楽しさを実感できる地域
  • 子育てを地域や社会で支える子育てに優しい地域

【地域像5】生活環境が充実した暮らしやすい地域

  • 発展を支える社会インフラの整備
  • 安全・安心に暮らせる基盤の整備

但馬地域ビジョン2050の実現に向けて

2050年に「但馬の未来の姿」を実現するためには、但馬で暮らすわたしたち、但馬で活動する地域団体、但馬で仕事をする企業、それらを支援する行政が前向きに未来づくりに取り組んでいくことが重要です。

「但馬地域ビジョン2050」では、住民の方が参加したワークショップで出た意見などを基に、住民・地域団体、企業、行政で取り組めることを取組アイデア案として記載しています。これらも参考にして自分には何ができるかを考え、お互いに連携・協力しながらビジョン実現に向けて取り組むことが大切です。

関連資料

「但馬地域ビジョン2050」冊子(PDF:3,844KB)

「但馬地域ビジョン2050」紹介動画(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

「但馬地域ビジョン2050」概要(PDF:148KB)

「但馬地域ビジョン2050」本体(PDF:6,288KB)

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 地域政策室

電話:0796-26-3674

FAX:0796-23-1476

Eメール:tajimachiiki@pref.hyogo.lg.jp