ホーム > 地域・交流・観光 > 地域づくり・県民運動 > 但馬県民局 > 但馬さわやかトーク(平成21年3月1日開催分)

ここから本文です。

更新日:2008年3月23日

但馬さわやかトーク(平成21年3月1日開催分)

1.日時:平成21年3月1日(日)13:00-15:30


2.場所:兵庫県立但馬長寿の郷(養父市八鹿町国木594-10)

 

3.参加団体:

 たじま田舎暮らし実践者交流会

 新温泉町久斗山地区

 

4.開催テーマ:

 たじま田舎暮らしの推進

 但馬地域は、豊かな自然や歴史・風土に育まれた地域資源を有しており、これらを活用して「たじま田舎暮らし推進事業」や「小規模集落元気作戦」等の展開により、交流人口の増加と地域の活性化を図ろうとしている。

 今回は、その推進役を担っている田舎暮らし実践者や、小規模集落元気作戦のモデル集落の主要メンバーと、「都市住民との交流を進め、人口減少・高齢化する地域に元気を取り戻すために地域住民が実践できること等」について、意見交換を行った。

 

5.参加者:

 団体構成員12人、井戸知事、藤田県議会議員、谷口県民局長

 

6.グループの概要:

 地域の活性化を図るため、都市部との交流、田舎暮らしの推進を行っている次の2団体

 

(1)たじま田舎暮らし実践者交流会〈但馬全域〉

発案者:成相博昭氏

発足:平成20年10月 (構成員:IJUターン者、関係事業者 会員数:42名)

活動:但馬へのIJUターン者やその関係者が集まり、お互いの親睦と交流を図るとともに、行政等に対する提言など自由に意見や情報を交換している。但馬における田舎暮らし推進機運を盛り上げるようと個々に自主的な事業を実践している。

 

(2)新温泉町久斗山地区〈新温泉町〉

区長:中村仁明氏

区民数:186名(平成20年4月1日現在)

活動:新温泉町の東部、香美町との町境に位置する、久斗川最上流の山間集落。平成2年の台風災害 後の植樹活動を契機に、ブナを植える会や、ふるさと青年協力隊OB会との交流を開始。旧久斗山小学校(平成15年廃校)の一部を農産物加工所、集会所として活用しており、現在、それを宿泊可能な施設として改修することも検討中である。平成20年度、県の「小規模集落元気作戦」のモデル集落として選定されている。

 

さわやかトークの詳細内容については、関連資料をご覧下さい。

トークの様子

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:但馬県民局 地域政策室

電話:0796-26-3674

FAX:0796-23-1476

Eメール:tajimachiiki@pref.hyogo.lg.jp

部署名:但馬県民局企画調整部企画調整課  
電話:0796-26-3611
FAX:0796-24-7490