ホーム > 2019年5月記者発表資料 > 丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば2019「ふるさと音楽ひろば」について

ここから本文です。

丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば2019「ふるさと音楽ひろば」について

2019年5月24日

担当部署名/(公財)丹波の森協会丹波の森公苑文化振興部  直通電話/0795-72-5170(内線222)

 

丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば2019「ふるさと音楽ひろば」について

 

       「丹波の森国際音楽祭シューベルティアーデたんば」は、人と自然と文化が調和した「丹波の森」づくり構想のもと、国内外から

       アーティストを招聘し、地域交流・国際交流の輪を広げる音楽祭として、1995年から始まりました。

       「ふるさと音楽ひろば」は、丹波地域の小学校にプロの音楽家が出向き、演奏するとともに、児童への器楽指導や音楽に親しむため

       のワークショップを行い、子どもたちに音楽のよさや楽しさを感じる機会を提供する事業です。児童だけではなく、保護者や地域の

       方々にも積極的に参加を呼びかけ、音楽を通した交流の場として活用していただきます。

       6月11日(水曜日)の丹波市立崇広小学校を皮切りに、丹波地域の10小学校(別紙参照)で演奏会やワークショップを開催します。

       オープンスクールの日に実施される小学校もありますので、どうぞ会場までお越しください。

 

       (詳細は、関連資料の記者発表票をご覧ください。)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。