ホーム > 2019年12月記者発表資料 > 新規就農者激励会、新技術等導入支援事業発表会並びに担い手育成研修会の開催について

ここから本文です。

新規就農者激励会、新技術等導入支援事業発表会並びに担い手育成研修会の開催について

2019年12月20日

担当部署名/丹波県民局丹波農林振興事務所丹波農業改良普及センター経営課  直通電話/0795-73-3805(直通)

 

新規就農者激励会、新技術等導入支援事業発表会並びに担い手育成研修会の開催について

     1 日 時:  令和2年1月15日(水)14時00分~16時30分

     2 場 所:  柏原職員福利センター(柏原総合庁舎内)1階会議室(丹波市柏原町柏原688)

     3 主 催:  丹波地域農業後継者育成対策協議会、丹波県民局丹波農業改良普及センター

     4 内 容:  新規就農者の激励と地域への紹介を行うとともに、新技術習得等事業に取り組んだ青年農業者が導入した新技術

            の成果を報告し、経営改善への取り組みを共有します。

            また、担い手を育成する目的で地元高校生の農業研究発表の場を設け、教育機関と農業の連携を深めます。

            最後に雇用就農事例や地域の担い手育成について、講演による担い手研修会を開催し、農業士・関係機関等の役割

            についての認識を深め、担い手の確保・育成につなげます。

            (1)新規就農者の激励(12名の予定)

            (2)新技術等導入支援事業発表会(発表者5名)

            (3)氷上高等学校、篠山東雲高等学校、篠山産業高等学校生の研究発表(篠山産業高等学校は紙面発表)

            (4)担い手育成研修会

               「農大進学から雇用就農したきっかけと雇用就農後について」(仮題)

                講師:荒田夢芽氏((株)丹波たかみ農場)

               「女性グループの取組紹介と地域での担い手育成について」(仮題)

                講師:酒井菊代氏(兵庫県女性農漁業士)

     【参考】:丹波地域農業後継者育成対策協議会について

       (1)設置経緯

         公益社団法人兵庫みどり公社定款に基づき、丹波地域農業後継者育成対策事業実施のため設置(昭和61年7月22日)

       (2)組織構成

         丹波地域の農業後継者育成に関係する者を以て構成

           構成員: 丹波篠山市・丹波市、両市農業委員会、農業協同組合(丹波ひかみ・丹波ささやま)、

                丹波農林振興事務所などの長及び農業経営士、女性農業士、青年農業士の代表

                 (※事務局:丹波農業改良普及センター)

       (3)組織の目的

         創意と連帯感豊かにして実践力旺盛な農業後継者を確保、育成して、活力ある地域農業の確立と理想の

         故郷を創出することを目的に、地域における企画、調整、実践を計画的、永続的かつ効果的に推進する。

       (4)事業内容:

         ・地域農業の担い手育成計画並びに調査に関すること。

         ・地域農業の担い手育成推進体制の整備に関すること。

         ・公益社団法人兵庫みどり公社事業における連絡調整並びに事業推進に関すること。

         ・その他、目的を達成するのに必要な事項。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。