ホーム > 2020年10月記者発表資料 > 丹波栗新商品オーディション2020の審査会の開催について

ここから本文です。

丹波栗新商品オーディション2020の審査会の開催について

2020年10月16日

担当部署名/丹波県民局丹波農林振興事務所農政振興課  直通電話/0795-73-3793

 丹波栗の魅力を広く発信する取組として、「丹波栗新商品オーディション2020の審査会」を開催します。一般参加による丹波栗スイーツの新商品企画を、丹波篠山市・丹波市内の菓子店が審査し、商品化する取組で、今回は4年目となります。

 今年度は、管内の高校生を始め、県外の料理学校や主婦など多様な出品者から、過去最多の62企画の応募があり、1次審査で選ばれた7企画について、下記により商品化に向けた審査会を開催します。 

 

丹波栗新商品オーディション2020審査会の概要

1 日時

 令和2年10月24日(土)14:00  ~  16:30

 

2 場所

 丹波篠山市民センター 多目的ルーム2・3(兵庫県丹波篠山市黒岡191)

 

3 内容

 1次審査(書類審査)を通過した7企画を対象に下記審査員による試食審査を実施

 

4 審査員

 お菓子の夢工房 ときわどう (丹波市)

 パティスリーカフェ カタシマ丹波店 (丹波市)

 スイーツファクトリー (丹波篠山市)

 パティスリー エムズパッション (丹波篠山市)

 

5 商品化

 審査の結果、優秀な企画は、上記の審査員の菓子店で商品化される予定

 

6 主催

 丹波栗フェア実行委員会 (事務局:丹波農林振興事務所)

 

7 その他

 詳細は開催要領を参照ください。(関係者以外の見学は、お断りしております)

 

【参考:昨年度商品化された企画】

作品タイトル

応募者名

商品化した菓子店舗

モンブラン風メレンゲサンド

松尾天音

東浦百花

Patissrie M'sPassion

チョコっとほっ栗ブラウニー

綿引友香

スイーツファクトリー

丹波栗と丹波黒豆の県農みそパウンドケーキ

宮崎能乃

お菓子の夢工房 ときわどう

丹波栗のレアチーズ大福

吉田遥香

御菓子司 藤屋

 

 

 

 

 

 

 

 昨年度は61応募企画中、上記4企画が商品化されました。

 ※上記の昨年度商品化された写真は関連資料をご覧ください。

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。