ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 丹波県民局 > 【11月18日開催】丹波の森づくり30周年記念シンポジウム

ここから本文です。

更新日:2018年10月2日

【11月18日開催】丹波の森づくり30周年記念シンポジウム

山々に囲まれ、上流域の清らかな水に恵まれた自然豊かな丹波地域。
この地で、人は集落や城下町に暮らしながら、黒大豆、大納言小豆、山の芋、栗などの特産物を生産しています。
また、郷土の祭りに参加し、近くの公園やまちかどで音楽やオープンガーデンなどのイベントを楽しんでいます。

このように自然と人と文化が調和した地域を丹波の森と呼び、大切に守り育てていく。
丹波地域の住民は、この思いを昭和63年の丹波の森宣言に込め、実践してきました。

丹波県民局では平成30年度、今一度原点に立ち返り、丹波の森づくりを進めていきます。

みんなで語ろう30年後の丹波の森

市民の力で進めてきた丹波の森づくりが始まって30年、記念のシンポジウムを開催します。
当日は、関連イベントも多数実施。地域の魅力に触れ、地域の未来を考える一日を過ごしてみませんか。

丹波の森づくり30周年記念シンポジウム

(1)開催日成30年11月18日(日曜日)

(2)開催場所立丹波の森公苑

(3)シンポジウム(場所:ホール)

12時40分念植樹
13時00分ープニング・コンサート
13時25分像「丹波の森の姿」
14時05分デオメッセージ「河合雅雄先生からの贈り物」
14時10分像「丹波の森づくりのこれまで」
14時40分シンポジウム「各世代からのメッセージ」
16時00分像「丹波の森づくりのこれから」
16時25分丹波の森づくりロゴマークの発表

(4)関連イベント

〈芝生広場〉
●お茶席、丹波大納言小豆ぜんざいのふるまい(無料、数量限定)
●木工ワークショップ(参加料100円)

〈2階ミナー室〉
●映画「森の学校」
1回目:10時30分~12時15分、2回目:13時30分~15時15分

〈ギャラリー〉
●小学生の描いたオオムラサキの舞う里山の絵画展
11月10日(土曜日)~18日(日曜日)

〈玄関前広場〉
●ミニガーデン
11月10日(土曜日)~18日(日曜日)

〈多目的ルーム〉
●丹波地域大学連携フォーラム
13時~17時20分

 

丹波の森づくり30周年記念シンポジウムちらし(PDF:4,673KB)

 

ロゴマーク「丹波の森」募集(終了しました)

7月20日(金曜日)をもちまして、募集を終了しました。たくさんのご応募をありがとうございました!
採用作品につきましては、11月に開催する記念シンポジウムで発表します。

丹波の森づくりが始まって30周年を迎え、この大きな節目となる年を記念するとともに、世代を超えて、
地域づくりの基本コンセプトとして受け継がれていくように、「丹波の森」を象徴的に表現するロゴマークを募集します。

(1)募集内容シンボルマーク(象徴した図形)とロゴタイプ(デザインされた文字)一式

(2)応募締切成30年7月20日(金曜日)

(3)発表用作品は11月に開催する記念シンポジウムで発表

(4)賞優秀賞1点。賞金10万円ほか

詳しくは、募集サイトで紹介しています。→ロゴマーク「丹波の森」募集サイト(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:丹波県民局 県民交流室

電話:0795-73-3718

FAX:0795-72-3077

Eメール:tambakem@pref.hyogo.lg.jp