ホーム > 県政情報・統計(県政情報) > 県民局・県民センター情報 > 西播磨県民局 > 西播磨県民局長メッセージ

ここから本文です。

更新日:2020年4月10日

西播磨県民局長メッセージ

~西播磨地域の交流がさらに高まります!~

 

令和2年度が始まりました。西播磨に赴任して2年目を迎えます。引き続きよろしくお願いいたします。

 

今年1月に中国武漢を発端に新型コロナウィルスの感染拡大が社会問題化して約3ヶ月が経ちましたが、国内の感染者の数が5千人を超えるなど、未だ猛威を振るっています。こうした状況の中、4月7日に緊急事態宣言が発令されました。県民の皆さんにおかれましては、気を緩めることなく、1.外出のさらなる自粛(生活の維持に必要な場合以外は家に居て、3つの密(密閉・密集・密接)を回避)、2.冷静かつ適切な対応(デマなどに惑わされず、買い占めなどを抑制)3.海外からの帰国者の健康観察への協力(帰国後2週間の自宅待機、入国制限地域以外からの帰国者の保健所(龍野健康福祉事務所0791-63-5140、赤穂健康福祉事務所0791-43-2321)への連絡)をぜひお願いします。また、手洗い、咳エチケットの徹底も引き続きよろしくお願いします。

さて、西播磨地域の南北の交流をさらに高めてくれると期待がかかる「令和跨線橋」が、3月22日に開通しました。網干や御津方面からJR山陽本線を跨いで山陽自動車道龍野IC方面を結ぶ、揖龍南北幹線道路のシンボルとも言える社会基盤施設です。平成21年度に事業に着手してから約10年かけてようやく完成しました。JRを含めた工事関係者の方々、地元の皆さま、事業を支援いただいた国交省関係者や議員の皆さまには、本当に感謝申し上げます。通勤や買い物といった生活道路として、また、県内外の観光客の方々が瀬戸内海や龍野の伝統的建造物群保存地区などを訪れて頂く観光道路として、地域に大きく貢献してくれるものと考えています。今後ともご贔屓にお願いいたします。

 

 令和跨線橋の開通

令和跨線橋の開通(2020年3月22日)

 

南北交通の充実という観点では、一昨年の7月豪雨の影響で工期が1年延びましたが、姫路鳥取道の播磨新宮ICから中国道までの区間が令和3年度末までの完成を目指して工事が進められています。中国地方や九州方面から姫路をはじめとする瀬戸内海臨海地区や神戸方面へのアクセスが大幅に改善され、人やモノの流れが飛躍的に高まることが期待されます。県民局があるテクノのまち(播磨科学公園都市)と宍粟市方面との移動時間も大きく短縮されます。宍粟市山崎からは、神戸、大阪方面への高速バスが多数運行されていますが、テクノのまちまで高速バスが足を延ばしてくれれば、新たな人の流れを生み出すことができるのではないでしょうか。県では、企業庁が中心となり、テクノ中心部の芝生広場に、交通結節点となるバスターミナルを整備すべく準備を進めています。相生からのバスルートをはじめ新宮、上郡からのバスルートが、テクノ中心部とSPring-8との区間で重複し非効率な運行となっているため、テクノ中心部にバスターミナルができれば、そこから、小型電動バスなどで各施設や住宅等にアクセスすることが将来的に可能となり、効率的なテクノの交通体系を構築することが出来るという考え方です。このほか、テクノのまちでは、昨年12月に、公道を使ってマイクロバスの自動運転の実証運行を実施したところです。私も試乗しましたが、発車後の加速は、普通の路線バスに乗っている感覚で、自動運転の実現がそう遠くはないのではないかと感じました。同時に、無人の小型自動運転電気自動車の試乗会やパソコンを使った遠隔診療デモと連携したドローンによる商品搬送デモンストレーションも行いました。これらの動きはまだ始まったばかりですが、テクノのまちのスマートシティ化の今後の展開に注目していただければ幸いです。

テクノ・公道での自動運転実証試験

テクノ・公道での自動運転実証運行

 

また、西播磨の交流人口の拡大に欠かせない道路ネットワークの構築を、計画的に進めてまいります。道路の課題解決が待たれる箇所はたくさんありますが、主な箇所として、国道2号から相生湾を経て高取峠へのアクセスを改善する竜泉那波線、赤穂と上郡を結ぶ赤穂佐伯線、JR網干駅西側の茶ノ木踏切の渋滞や危険性を緩和する太子御津線跨線橋、JR新宮駅西側の大鳥踏切から北側の通行性改善などを市町と協力して着実に前進させていきたいと考えています。地元の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

県民局としましても、皆さんとともに現在苦しんでいるコロナウィルス問題を早く収束させて、西播磨の道路ネットワークの構築といったハード対策に加え、地域の方々の協力を得ながら観光業や飲食業のV字回復につながるように、地元のグルメはもとより山城や伝統文化体験といった西播磨ならではの地域資源を活用した誘客(ソフト)対策に全力で取り組みますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

お問い合わせ

部署名:西播磨県民局 総務企画室

電話:0791-58-2113

FAX:0791-58-2328

Eメール:Nsharimasom@pref.hyogo.lg.jp