ホーム > 2019年12月記者発表資料 > 赤穂市木津地区千種自治会の安全を確保する4基の砂防堰堤の1基目が完成

ここから本文です。

赤穂市木津地区千種自治会の安全を確保する4基の砂防堰堤の1基目が完成

2019年12月18日

担当部署名/西播磨県民局光都土木事務所  直通電話/0791-58-2358

赤穂市木津地区千種自治会は、南北4つの谷筋から発生する土石流のため、自治会の人家の大半が土砂災害警戒区域(イエローゾーン)内にあります。このため、兵庫県では、4基の砂防堰堤で、土石流から生命・財産を守る砂防事業を進めています。
この度、1基目となる山際川の砂防堰堤工事が完了したことを記念して、地元自治会主催の竣工式が開催されることとなりましたのでお知らせします。
当地区では、引き続き、残りの3基(山田川、大鹿谷川、大鹿谷川(2))の砂防堰堤工事を進めていく予定です。

詳細は別添ファイルをご覧下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。