ホーム > 暮らし・教育 > 健康・福祉 > 歯の健康 > 妊産婦期から始める子どものむし歯予防事業

ここから本文です。

更新日:2019年7月18日

妊産婦期から始める子どものむし歯予防事業

妊娠中はホルモンバランスや嗜好の変化により、むし歯や歯周病の発症及び重症化が起こりやすいとされています。さらには、歯周病が低体重児出生や早産等を招き、胎児期の乳歯形成にも影響することが指摘されています。

一方、妊婦歯科健診・相談の実施市町数は年々増加しているものの全市町の実施には至っておらず、実施市町における妊婦歯科健診受診率は低率です。そのため、未実施市町に対する支援および実施市町での受診率向上を目指し、「兵庫県妊婦歯科健診マニュアル」を作成しました。

また、妊産婦に対して、むし歯や歯周病の発症を防ぐために、毎日の歯磨きや健診の受診を促すための普及啓発媒体を作成しましたので、下記に掲載しています。

兵庫県妊婦歯科健診マニュアル

  1. 表紙・目次(PDF:142KB)
  2. 本文(PDF:953KB)
  3. 参考資料(PDF:4,314KB)
  4. 裏表紙(PDF:23KB)

啓発媒体

歯周病自己チェックシート表

(表)

歯周病自己チェックシート裏

(裏)

妊産婦の口腔ケアに関する意識や受診行動に関するアンケート調査結果

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

部署名:健康福祉部健康局健康増進課

電話:078-362-9127

FAX:078-362-3913

Eメール:kenkouzoushinka@pref.hyogo.lg.jp